2014年06月09日

東葛飾高校同窓会での校長先生のお話−中高一貫や医歯薬コース、リベラルアーツなど

東葛飾高校同窓会の定期総会に参加しました。
その中での学校長からのご挨拶の中で、母校の近況をご報告いただきました。
 「自主自律」の校是のもと、自らを律することで、「学力」「人間力」「教養」を高め、さらに生涯にわたるキャリアアップをとおし、 グローバル社会で活躍できる人材を育成することを教育の方針、理念として進めているとのこと。
その上で、特に3点をご説明頂きました。
/奮愡愼浬電盛擦箸靴
医歯薬コース(本年度・平成26年度より)の運営と中高一貫校(H28年度より)の準備作業の円滑な運営
リベラルアーツ講座(教養講座)の充実
※参照 東葛飾高校HPでの学校長あいさつ
 
進路重点指導校について
平成19年度より東葛飾高校は,千葉県教育委員会から進学指導重点校の指定を受けることになりました。授業について、力のある教員を集めているとのことです。
具体的には、以下のような授業を行っているとのこと。
(1)1,2年次に週2回7限授業を実施し,幅広い学力の充実に努めるとともに,3年次に多くの選択科目を設定し,生徒のニーズにきめ細かく対応します。
(2)実験実習を効果的に行うなど,各教科の特性に応じた学習形態を工夫し,生徒の知的好奇心を満足させ,学びを育む魅力ある授業を実践します。
(3)自ら課題を見つけ探求し,知識や技能の総合化をはかる自由研究を各学年で実施します。
※主に放課後,土曜日,長期休業中を活用し、東葛リベラルアーツ講座の名の下にサイエンス・パートナーシップ・プロジェクト等,高大連携や本校職員等による発展的講座を設けています。これについては、で紹介します。
私の在学中(1994‐96年度)は、授業で一切の受験対策が排除されていました。(1)3年次に時間割を自分たちで組める選択科目、(2)実験実習、(3)自由研究など、一つひとつの項目については変わらないと感じますが、進路重点指導校の指定による進路希望の実現を最重点課題と設定しているところに、当時と大きく変わったと感じます。

医歯薬コース小中一貫校
特に、小中一貫の付属中学について、塾でも話題になっています。現在の小5から対象です。併設型中学校では原則として、「学力検査」を行わないこと言われ、適性審査などが、親御様の間で話題にあがっているようですが、まだ何も決まっていないとのこと。すべて中高一貫になるのではなく、中学での募集は1学年80名程度と言われています。※詳細の募集人数は、確認をお願いいたします。
本年度・平成26年度より、新しくキャリア教育の視点を取り込んだ県内初の「医歯薬コース」が設けられます。これにより、今後は特に理数教育に力が入れられ、千葉県を支える人材の育成を視野に入れた拠点校への更なる飛躍を目指します。
私個人的には、自由な校風と創造性豊かな伝統を生かし、インターナショナルスクールや各国の現地校の卒業生に国際的に通用する大学入学資格を付与する仕組みとして国際バカロレアの認定校になったらよかったのにと思うところもあります。医歯薬コースでは、やはり「受験勉強」と切り離せなくなってしまうのではないかと思います。

リベラルアーツ講座(教養講座)の充実
これは、すごい取り組みです。
東葛飾高校の教員だけだなく、大学の専門家や社会人を講師に招き、最前線の学問に触れることができる発展的講座です。主に放課後,土曜日,長期休業中を活用して、開催されています。
例えば 平成24年度の東葛リベラルアーツ講座一覧をご覧になってください。実に多彩です。
私も、平成23年度から、柏まちなかカレッジとして、ワールドカフェや東葛白熱教室に関わらせて頂いたり、模擬裁判や西水美恵子さん(元・世界銀行副総裁)のワークショップに参加させて頂きました。柏まちカレ副学長の福島さんが、東葛の教諭として、リベラルアーツ講座を取り組んでこられたいたお蔭でもあります。
本物の学びに触れられます。進路にも大いに良い影響があると考えられます。

卒業生として、母校がより良い学校であって欲しいと願っています。外野から意見を述べるのは学校運営にとってご迷惑なのかもしれませんが、同窓会などで母校のあり方について話し合う場も作ってもらえたらと思います。 


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔