まちづくり

2014年01月22日

Amazonカスタマーレビューありがとうございました。

2013年11月に出版しました『地域の力を引き出す学びの方程式‐柏まちなかカレッジにみる教育×まちづくりの答え』(水曜社)に対して、心のこもったコメントをAmazon.co.jpのカスタマーレビューに頂きました。
本当にありがたいです。
このブログに転載いたします。 http://p.tl/FWKs  

まちを元気にする等身大の取り組み 2013/11/3
By don
この本に書かれている内容は、成功事例でも自慢でもなく、
まちに住む人が等身大で「現在進行形」で取り組んでいることの集積。
全国の事例を集めたものではなく、1つのまちでの多様な切り口での実践を
豊富に紹介していることが本書の特徴。
”地域活性”や”まちおこし”というテーマの書籍はたくさんあるが
この本に書かれていることは、学術的ではなく、また肩肘張ったものでもなく
その気になれば自分たちでも実践できそうだ、と勇気を与えてくれる。そこに共感を覚える。
舞台である千葉県柏市は、全国どこにでもある郊外のまち。
課題も似ていれば、それに対する取り組み方も参考になると思う。
自分が住むまち、関わる地域を元気にしたい、という人にお薦めしたい1冊だ。

オープンスペースのようなまちづくり 2013/12/8
By whitesnow
読みながら、ハリソン・オーエンさんの「オープンスペーステクノロジー」を思い出していました。出たり入ったりが自由な柏まちカレそのものが参加者の主体性を最大限に発揮できるオープンスペースになっているのかもしれないと思いました。著者の山下さんと副学長の福島さん、そしてメンバーの方々の情熱と在り方がそれを実現させているんだと思います。
そして、年間カリキュラムがないという発想そのものが、得てして、やらされ感に包まれやすいまちづくりをそうさせない秘訣のようにも思いました。最近、対話の手法などを取り入れたまちづくりの場を作っている場面には出会うことが増えましたが、個々の場だけでなく運営そのものに対話の思想が活かされているまちづくりは、ほとんどないと思います。
本当に良い刺激を受けました。

まちづくりは“ひとづくり”から。 2013/11/26
By まずは一歩を。
まちづくりの好著に出会いました。
“まちなかカレッジ”という、市内あちこちをキャンパスとし、講師は得意な市民が担当する学びの仕組み。テーマは趣味から社会問題まで様々。
元先生や経営者、入社したての社会人や学生などが教え伝え、時には参加者とのディスカッションにより問題意識や解決策が街全体にじわじわ広がって行くのです。
例えば、“フューチャーセンター”と言う、組織や枠組みを超えた問題解決ネットワークもこの“まちなかカレッジ”の会話から生まれたものでした。
この本では、コストのかからない運営の仕組みなどノウハウを、柏という街を例に伝えています。
著者の自然体で語られる人間ドラマや場所物語は、まちづくりは人づくり、人と人とのつながりづくりから成るのだと改めて気づかせてくれます。

すぐ始められるまちづくり, 2013/11/21
By さとうひろたか 
あっという間に読み切ってしまった、というのが感想だ。
まちづくりの団体やその手法はいろいろあるが、お金をかけずに、街の人誰もが主役になれて、結果として地域活性化につながる。
とても参考になるし、すぐにでも試してみようと思う。
まちづくりの団体だけでなく、行政職員、教育者にも読んでもらいたい。
特にお勧めは、仕事を引退したお父さん。
これまでの企業での経験を活かすことでまちなか先生になれてしまう。
何度も読み返して、シニアの起業に役立てて欲しいバイブル。

著者山下先生の人柄が伝わってくる素敵な一冊, 2013/11/17
By 石敬
街を良くしていこうという若者達がボランティアでサークルを作り、色々な活動を通して出会った人々に感謝をしながら街に恩返しをしていく様子が伝わってきてジンときました。
実名や写真がたくさん掲載されており、著者が愛し愛されているんだなと思いました。
柏という街が多くの市民の愛情で『住んでみたい街』の上位ランキングにあがっている理由がわかりました。素晴らしいですね。
素敵な写真満載で、紙質やレイアウト、表紙デザイン etc.本としても素晴らしい本だと思いました。 
山下先生は市議会議員でご活躍されているとのこと、こんな人が行政の真ん中にいる、柏っていいですね。これからも頑張ってください。

まちづくりを市民の目線から見た活動記録書。, 2013/11/10
By 昼下がりのピノキオ
この本は、柏まちなかカレッジがどのような考えで生まれて、
またそのカレッジからどんなことが派生していったのかが書かれています。
中でも興味深かったのが、「柏」という千葉県のいち市町村の話しでありながら、
「マリ」「デンマーク」「ブータン」「オランダ」と、登場人物や話しの中身が世界に繋がっていく部分です。
これは著者を含めたカレッジの運営者たちが、興味のあることはすぐ行動に移すという、
スピード感と着手力に長けていたからだろうと思います。
そんな行動の記録。
自分も育った街になにかをしたい、そんな気持ちにさせてくれました。

同じようにまちの活性化をめざすものとして, 2013/11/5
By murakamit (神戸市) 神戸モトマチ大学というソーシャル系大学を主催している村上と申します。
山下さんとは今年春に都内でのイベントではじめてお目にかかりました。同様にまちのことを考えて「学び」を創ろうとしているのに、これまではしっかりとお互いの活動について話をする機会をもてていませんでした。
本書で描かれているのは、結果ではなく誰にとっても参考になるまちづくりのプロセスです。
と同時に、数多くの困難にぶつかったはずなのに、それをことごとく前向きに捉えることで乗り越えた意欲の強さです。
多くの気づきと勇気を下さった本書に感謝しています。

ちょっと自慢の書籍です, 2013/11/4
By 香西敏弘 (千葉県柏市) 柏市に住んで30年近くになります、柏市ってどんな街、と友人に聞かれて、上野から30分程度、高島屋や丸井、柏レイソルもあるよ最近は東大もあるよetc。ふ〜ん、それで、と聞かれると、箱モノ系しか出てこない。実は自分が街のことを知らないことに気付かされます。書籍のタイトル、「地域の力を引き出す学びの方程式」、「もっと自慢できる土地になってほしい」。にさそわれました。一昨日(11/2)、柏市で、著者の山下洋輔様の出版記念会が開催されていること都内の知人よりFacebookで知り、出かけました。ハックルベリーブックスという書店で開催されました。柏駅から少し離れた場所にありますので、初めて訪れました、大手書店とは異なり、手作りの暖かさがただよう場所でした。著者の山下洋輔様より、大事にされているお守りのこと(実はちょこっとおもわず笑ってしまいました)や書籍には、書かれていない内容についてもお話しをお聴き楽しい出版記念会のひと時でした。
対話のできる街、聴き屋の多い街。ちょっと柏の街を自慢できる気分になる、書籍です。
http://www.huckleberrybooks.jp/
出版記念会では、著者の山下洋輔様より、書籍に心のこもったサインもいただきました。
嬉しい気持ちになりましたので、投稿させていただきました。ありがとうございました。(*^_^*)
cover2 


ukon7 at 12:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年12月20日

フューチャーセンターのプロデュース

フューチャーセンターを作りたいという依頼を受け、プロデュースしています。
他にも、設立を検討している方から、相談を受けることが多くなってきました。

,海舛蕕蓮¬唄屬離咼襪離侫蹈△鬟ューチャーセンターとし、テナントの会議室としてだけでなく、公共にも役立てたいとの依頼です。


仮想の都市を作る中で、その議会をプロデュースしていきます。
手賀シティの議会をフューチャーセンターにしたいという相談を受け、お手伝いすることになりました。
手賀沼周辺の自治体を横断した取り組みで、広域行政連携の先駆けになりそうです。移送サービスや宅配など、高齢化社会における事業を、企業と連携しながら、地域通貨を活用し、ボランティアやNPOの活動できる仕組みを目指します。オルタナティブな教育も推進していきます。
こちらは、フューチャーセンターのみならず、まちづくり全体のプロデュースに関わってきます。


ある地方都市(※柏ではありません)の駅前にビルが建ちます。
そのビルの中に、市民・行政・企業が一体となったまちづくりを進めるための機関を置きたいという相談を受け、フューチャーセンターを提案し、設立に向けて関わっています。
写真は、行政執行部、議員、商工会議所役員、商店街代表、NPO代表が集まる中、私からフューチャーセンターの提案をしている場面です。
DSCN0280

フューチャーセンタープロデュースとは、単発のワークショップや会議室の空間デザインだけでなく、まち全体や社会全体で課題に取り組むためのムーブメントを起こす拠点を作ることだと感じています。


ukon7 at 02:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年11月15日

創造都市の発展‐まちとアートのコミュニケーション

「創造都市の発展‐まちとアートのコミュニケーション」をテーマに、まちデザインシンポジウムが開催されました。
http://kashiwa-art.com/blog/archives/708

熊本市現代美術館館長の桜井武さんと、各地でアートプロジェクトを手がけてこられた芹沢高志さんの基調講演。コーディネーターは、柏市役所の秦明生さん。

桜井さんからは、パリのポンピドゥーセンター、スペイン・ビルバオのグッゲンハイム美術館、ベネチアのプンタ・デラ・ドガーナなど、世界の現代美術館についてお聴きした。
現代アートによって、都市が生まれ変わった事例を紹介してもらった。
ポンピドゥーセンターの分館であるポンピドゥー・メスの開館式には、サルコジ大統領自ら出席して、演説されたとのこと。それだけ、文化・芸術に力を注いでいる。

芹沢さんからは、横浜トリエンナーレと別府での現代芸術フェスティバルのご経験を紹介していただいた。
企画者の考え通りではなく、一つのプロジェクトから、新たなプロジェクトが自発的に生まれていくようなプロジェクトを作っていくのが良い。

CIMG1898

まちとアートの関係は、単にアート作品を設置しても、単にイベントを開くだけでも、まちの文化は再生されるわけではない。まちに生きる人間の生きる力が重要である。その意味で、想像力をかきたてるアートが必要となる。
アートは、「メシのタネにならない」ので後回しにされてしまいがち。
しかし、問題発見や課題解決を提案していく力がある。
だから、現代に生きるアーティストの作品である現代アートに意味があるのだ。

「創造都市」という言葉が、安易に使われている傾向がある。
今、創造都市とは何か?改めて、問い直していく必要もある。
創造都市には、創造性のある個人の集積である。
創造性のある個人とは、想像力のある、新鮮な目をもった、生きる力のある強い個人と定義してみる。
そのような個人が育っていくために、現代アートが果たす役割は大きい。

懇親会で、桜井武さんとから、熊本市現代美術館で開催された「井上雄彦 最後のマンガ展 重版」についてのお話は、本当に興味深いものでした。
http://www.camk.or.jp/event/exhibition/inoue/
アートラインかしわのメンバーについて、個性的で才能ある得難い方々が集まり、他のアートプロジェクトでは見たことのない集団だ、大切に育てていきなさい、と何度もご助言を頂きました。

まちは、人が大事。
メンバーに、創造性あふれる個人が集まっている柏は、面白いぞと言っていただいた気がして嬉しい夜でした。



ukon7 at 00:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年05月28日

柏まちづくりビジョンが示された「INVITATION」

invitation
写真は、進行中のまちづくりの取組みや柏の魅力を集め、紹介するるための作品です。
柏をもっと好きになってもらいたいという思いで作成されました。
わずかながらではありますが、このプロジェクトに関わり貴重な経験を得ました。

この本を手に取られた方が、
「柏はいい所だねぇ、捨てたもんじゃないねぇ」
とページをめくっては、戻って、何度も何度も読み返していただき、嬉しかったです。

 以下、「INVITATION 刊行にあたって」より
・・・人口減少時代に突入し、都市間競争は激化の一途をたどっています。
私たちは「多くの人が住みたくなる街、柏」を実現するためには、「シビックプライド(地域への誇り)」の醸成が必要と考えています。
・・・「INVITATION」には”素晴らしい街、これから更に素晴らしくなる街、柏への招待。そして広がりつつあるまちづくりの輪への招待”という意味が込められています。

ukon7 at 16:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年09月24日

沼南公民館主催「いきいきセミナー」にて講演

2010年9月22日(水)10時から12時 
於 沼南公民館
沼南公民館主催の「いきいきセミナー」で講演してまいりました。

「学びを通したまちづくり」と題して、
柏まちなかカレッジの実践とそれに至るまでの考え、
柏の未来に対する役割についてお話いたしました。

沼南公民館0922

(学長の正装で臨みました)

このセミナーのコーディネーターは社会教育の世界で活躍されてきた先生です。
その先生から、私たちの活動を国内でも最先端と評価して頂き、お話をする機会を頂きました。
若い発想と第一線の話を、受講生に話すよう依頼を受けていました。

受講生は、私にとっては大先輩の方々です。
生涯学習講座は、高齢者向けの内容が一般的だそうです。
しかし、今回は、あえて高齢者向けの内容にはしませんでした。

狙い通り、受講生の方は、一生懸命に耳を傾けてくださりました。
質問も積極的に出て、活動に関わっていきたいという申し出も頂きました。
高齢者扱いされないことで、まだまだ自分たちも頑張りたいという気持ちを引出したようです。
主催者側も新しい試みに成功し、これからのカリキュラムに活かされることになりそうです。

もう一つ、沼南地域と柏駅前とのローカルな意識の壁についてです。
私たちは、そういった壁を越え、壊していくきっかけになればと考えています。
沼南の方々の地域での活動に、エネルギーを感じています。
実際、柏まちなかカレッジの講座を、手賀沼や高柳で行っています。
柏駅と沼南地域は、バスや東武線でつながっていますので、もっと交流を盛んにし、意識的な隔たりを失くしていきたいです。
今回、柏まちなかカレッジの話を沼南公民館で行ったことは、
そういう意味でも意義があることでした。

高齢者と若者、沼南地域と柏駅前。
そういった意識的な壁を克服するきっかけのセミナーでもありました。

ukon7 at 02:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年09月08日

地域通貨の取組み―トランジッション・タウン藤野を視察

8月末、柏まちカレ福島副学長と、藤野町(神奈川県相模原市)に行ってきました。
トランジッション・タウンの試みに、柏まちカレやサステナ義塾のヒントがあるのではと思い、代表の榎本英剛さんに連絡を取り、会議に参加させて頂きました。

藤野は、新宿から中央線で1時間ほど。
森と相模湖の豊かな自然に恵まれた町です。
戦時中から芸術家が移り住み、文化的な雰囲気を感じます。
人口は約1万人。地元の方と移住してきた方の割合は、ちょぷど半々。

CIMG1183


トランジッション・タウンとは、石油の限界と気候変動を危機と感じ、
市民の創意工夫と地域の資源を最大限に活用して、
脱石油社会へ移行していくためにイギリスで始まった草の根運動です。
イギリスで、この運動に感銘を受けた榎本さんが、日本で立ち上げられたのが、このトランジッション・タウン藤野なのです。

私たちの参加した会議は、公民館の和室で開かれ、
子ども連れのお母さんも参加され、和やかな雰囲気でした。
メンバーの日常の報告から始まり、話しやすい場作りに
榎本さんの見えない心遣いを感じました。

トランジッション・タウン藤野の活動内容は、ソーラークッカー作り、草木染め・ふんどし作り、梅干作りなどのイベント開催、他の地域への参加などです。
他の地域イベントへの参加を通して、まちに溶け込み、団体同士の横のつながりができていくのは、私たち柏まちカレとも共通するところで、やはり大切なことだと確認できました。

建設中の里山長屋も見学しました。
4世帯が協力して、持続可能な暮らしをしようという試みです。
長屋建設の様子はブログで報告されています。
http://blog.canpan.info/nagaya
藤野里山長屋
たくさんの興味深い活動の中で、1番刺激を頂いたのが、地域通貨。
地域通貨「萬(よろず)」を媒介に、地域とのつながりを強めています。
私は、通貨制度を作るというのは、大変なこととビビッていた面がありました。
しかし、藤野で実践されている地域通貨を見て、
柏でもやってみようと思い立ちました。
CIMG1173
紙幣を発行するのではなく、通帳に書き込む方式が採用されています。
これだと、立上げ時のコストは小さくてすみます。
ただ、勝手に嘘を書いて、地域通貨を増やしたりすることもできます。
でも、そんなことしても「むなしい」だけ。
地域の方々の良心にまかせているとのこと。
CIMG1176
参加者は、「自分のできること」と「自分のお願いしたいこと」を書き、
事務局がそのリストを作り、配付します。
たとえば、私は「悩み相談聴きます(200萬)」と載せてもらい、相談を受け、200萬の地域通貨を記帳してもらう。
そして、「撮影します(300萬)」という方に撮影してもらい、−100萬になるわけです。
交流の過程が、通帳に記されるのは素敵です。

この地域通貨を普及させるコツを教わりました。
「勧誘しないこと」。
人前で、楽しそうに、そしてコソコソとやっていると、
仲間にいれてもらいたくなるそうです。

私たちが、昼食をとっていたときに、早速、
地域通貨に参加したいと声をかけられていました。
こんな感じで広がっていくのかぁと、貴重な場面に遭遇できました。

柏まちカレで、年内に勉強会を開き、準備委員会を募り、
年始あたりには実験的にスタートしてみます。
多くの事例が3-40人程度で始めたそうです。
まずは、実践です。

勧誘しないで始めていきますので、
ご興味をお持ちの方は、気軽にご連絡下さい。
y@ryokuyo.org


ukon7 at 18:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年05月08日

地域の経済発展と住民の思い−マカオの旅で感じたこと

「まちが寂れると、物理的に困る。
でも、まちが栄えたからといって、住んでいる者は喜べない。
昔のまちが良かった。」
こんな声をマカオで、よく耳にしました。
この話を、帰ってきてからも考え続けていました。

私は、イエズス会宣教師の書簡を史料に歴史研究をしていました。
ですから、マカオは、一度は訪ねたい場所でした。
マカオの友達が大学を卒業し、ロンドンへ留学する前に、
思い切って行くことにしました。

飛行場に迎えに来てくれた旅行会社の方から、
マカオの情報を教えて頂きました。
カジノについて、一生懸命語ってくれました。
CIMG0352

マカオの人口は約55万人。
広さは30平方km弱(埋め立てによって増えた)。
資源もない小さな島だけど、一人当たりのGDPは日本と同等。
税収の約7割はカジノです。
カジノのお陰で、雇用が創出され、社会福祉も充実しました。
学校教育の授業料は15年間無償です。
高校生以下、65歳以上、妊娠出産の人は医療費無料です。
医療保険はないですが、年末に一律にお金が給付されます。
健康に過ごせれば、そのお金はお小遣いのようなもの。
太極拳や公園の運動器具を使って、健康を維持するなど、
予防医療に力が入るそうです。

一方で、変わりゆくまちへの寂しさや経済発展へ疑問を投げかける声を聞きました。

海の景色や古い町並みが消え、
若者の生活は乱れてしまったと私の友達は嘆きます。
CIMG0190
この写真は、聖パウロ学習院教会(大三把)の隣にあるお寺。
この壁は、外的から守るための防壁だったそうです。
つまり、ここから先は海だったのです。
「つい10年ほど前には海はあそこまであった」
近くの砲台から、昔の景色を説明してもらいました。

黒沙海灘は、黒土のビーチです。
しかし、現在のビーチは埋め立てなので、
黒土は他所から運び込んできているそうです。
CIMG0328

祖父の家が近くにあり、よく遊んだこと。
小さな商店があり、小さい妹がよく手伝いをしていたこと。
小さい頃、父と人力車に乗せてもらったこと。
いつも家族でアンドリューおじさんのエッグタルトを食べること。

CIMG0305

家族や友人との思い出が、場所と密接に関わっています。

今、失われつつある景色とそれに結びつく思い出を
大切にしようとする機運を感じます。

これは博物館で買った写真集です。

CIMG0376

こちらは、マカオの今昔を伝えるシリーズが出版されています。
一般の書店で買いました。
CIMG0377

マカオ政府も、カジノのイメージだけではなく、
歴史と文化遺産のまちをPRしたいと友人は語っていました。

まちなみが消えていくことは、
住んでいる人たちの記憶も消えていくことになります。
個人的な記憶だけではなく、
家族・親戚や近所の人、友達、仕事仲間、・・・
地域の共同体とともに積み重ねた社会的な記憶でもあります。

そんな住んでいる人の思い出・記憶を大切にしていく。
マカオは、その段階に来ています。
日本でも、『まちづくりのオーラル・ヒストリー』という本で、
住んでいる人々の記憶を資源としたまちづくり実践が報告されています。

これからは、目に見えない豊かさも考慮されると実感しました。

今、私は、生活している方々の記憶を資源として、
アーカイーブ化し、教育やまちづくりに活かすための
「おばあちゃんの知恵袋」プロジェクトの取り組みを始めています。

ukon7 at 12:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!