イエナプラン

2013年07月07日

草の根からの教育改革

塾教育研究会(JKK)発行 「響」15号に所収されたものを転載いたします。 

私は、現在、柏市市議会議員として、教育政策を中心に取り組んでいます。http://www.y-yamasita.com/
あわせて、一般社団法人教育共創研究所を立ち上げ、地方議会から全国の教育改革を加速させようと活動しています。http://www.k3japan.org/
私が、このような活動に至るまでの経緯と、これからの展望を述べさせて頂きます。


【教育学との出会い】 

 私は、早稲田大学教育学部に進学しました。教員志望というわけではありませんでしたが、教育学の授業を受け、「教育とは」、「理想の教育とは」、「理想の社会とは」という問いを考えるようになりました。

 授業を通して、自分自身が受けてきた教育を客観的にとらえるとともに、オルタナティブ教育とくくられた教育の可能性に興奮したのを覚えています。


【塾経営の経験】

 学生時代は、アパートの一室で開いた塾の経営に関わっていました。小さい塾なので、同じ教室に、同じ学年で、同じ教科の授業を行う事ができません。見よう見まねで、大学で学んだイエナプランやドルトンプラン、フレネ教育を実践していきました。家族的な雰囲気の中、「学びの共同体」が育っていくのを目の当たりにすることができました。


【高校教諭から市議会議員へ】

 大学院を卒業後、土浦日大高校に勤めました。毎日が格闘でした。クラス経営、授業、部活動経営、生徒(生活)指導、学生寮舎監、生徒会活動といった生徒との関わりの他にも、生徒募集や教務、庶務などの校務分掌、PTA活動、もろもろの事務、先輩方や保護者、地域の方々とのコミュニケーション。自分自身の行動や言動が適切であったか、学校とは何か、教育とは何か、考える毎日でした。

 問題クラスと見られたけれど、ノビノビと個性的だった学級。

 監督はサインを出さなかったけれど、県大会に優勝し、関東大会に出場した軟式野球部。

 ともにご飯を食べ、ともに掃除し、ともにお風呂に入り、ともに学び、ともに暮らしながら、荒れ果てていた状況から温かく落ち着いた学生寮。

 これらの教育実践を振り返ると、イエナプラン教育のエッセンスが活かされています。学級経営では、多様な生徒同士の学び合いが生まれました。学生寮での勉強会では、ドルトンプランやイエナプランを活用しました。

 充実した教員生活でしたが、次第に、学校での教育だけでは限界があると感じるようになりました。家庭や地域、社会経済の問題、教育格差の問題について考えているうちに、居ても立ってもおられず、2度目の卒業生を見送った後、教員を辞めました。

 大学院博士課程での教育学研究や、地域で生涯学習の活動(柏まちなかカレッジ http://www.kcollege.org/ )を経て、現在は、柏市議会議員として、学校と行政、地域社会が一体となって、教育に取り組んでいくために、議会から働きかけています。


【オランダ視察を契機に】

 2012年4月、念願のオランダの教育を視察する夢が叶い、ダイナミックな動きが始まります。リヒテルズ直子さんのご助言を得て、教育共創研究所を立ち上げることになったのです。

 「改革は、草の根から広がっていくほうが力強い」、「改革には、連帯が必要」、「デモクラシーを実現させたい」、そんな話で、リヒテルズさんと熱く語り合いました。語り合った教育への思いを実現するためにも、連帯していくための組織を作ってはどうかとのご助言を頂き、同行した長井悠さん(ハバタク株式会社取締役)とともに、教育共創研究所が始まりました。


【草の根からの教育改革】

 教育共創研究所は、文科省からのトップダウンの教育改革ではなく、地方議会からの草の根の教育改革を目指しています。地方議会から、地方自治体での素晴らしい教育実践を促進し、他の自治体に広めていきます。たとえば、100の自治体で、ある教育改革が同時多発的に進められれば、その動きに追随する自治体も現れるであろうし、文科省にも影響は与えられると考えています。

 草の根からの教育改革を実現するためには、地方議員同士の情報共有と連帯が必要です。教育共創研究所は、地方議員と情報を共有し、連帯していくためのプラットフォームを目指しています。


【地方議会と教育行政】

 教育というと、文部科学省がすべてを取り仕切っているイメージがあるかもしれません。しかし、教育行政は、地方自治体でも行われています。各自治体の教育委員会では、教職員や学校施設の管理、教室など子どもの学ぶ環境の整備、給食、通学路の安全確保など、小中学校の運営を行っています。いじめの問題でも、教育委員会が問題になりました。教育現場の課題は、地方自治体の教育委員会が関わっているものです。地方議員は、自治体の教育委員会についても、チェックしていかなければならないのです。

 コミュニティ・スクール、小中一貫校、教育施設設置・整備、学校選択制、少人数授業、民間人校長なども、地方自治体の教育委員会の取り組むことができるものです。こういった教育政策の提案や推進を、議会から行っていくのも、地方議員の役割です。


【地方議員に教育は変えられない?】

 多くの地方議員が、「教育を変える!」と意気込み、国政に進出していったものの、しがらみや組織の論理に負けていくのを見てきました。彼ら・彼女らのうち、初心を貫き、教育改革を行ったのは、どれくらい、いるでしょうか?

 多くの地方議員が、「教育を変える!」と意気込みながらも、情報量不足で当局の答弁に言いくるめられていたり、議員が現場の状況を把握せず、思い込みや市民受けの良いパフォーマンスで、マスコミと一緒になって、現場の教員の邪魔をしたりしたことを目にしてきました。

 議会で教育が話題になると、何のエビデンスもなく、思いこみだけで質問したりする議員が多いのです。いじめがあれば、その対策が思いこみや感情だけで議論されます。ちゃんと調べて、証拠をとって、そして質問する。そういうことができる議員が、増えていったらいいなと思っています。しっかりとした質問をする議員には、教育委員会も市長部局も一目置くだろうし、協力し合えるだろうと思います。議会質問の一種のオープンソース化です。これが、教育共創研究所の活動の柱です。

【議会質問勉強会の取り組み】

 教育共創研究所では、議会質問情報を共有し、知恵を出し合い共創し、一自治体の教育実践を、全国に波及させていくための議会質問勉強会を、定期的に(年に8回)開催しています。これは、地方議会から、日本の教育に働きかけていこうというアクションです。地方議員のネットワークを作り、教育分野の勉強の場を作り、知見をためていきます。
※議会質問勉強会について http://www.k3japan.org/blog/4267/
 

 地方議員は、市政にわたるあらゆる分野のことに取り組まねばならず、教育はその一部です。そして、教育に力を入れても、選挙に有利なんてことはありません。高齢者福祉に力を入れた方が、マーケティング的に有利だからです。だから、教育分野は、議員活動の中でもおろそかになってしまいがちです。しかし、心ある地方議員はたくさんいて、そういう議員たちのネットワークと勉強の場があれば、と考えて活動しています。

 議会を通して教育委員会に働きかけ、教育委員会を通して教育現場が改善されていく、という道筋を、しっかりつけたいと思っています。

 これまで、/育「弁当の日」、△い犬疚簑蝓QUテスト」を取り扱ってきました。4月と5月の勉強会では、9月の議会質問に向け、「シチズンシップ教育」について話し合い、議会質問作成に向けた具体的な意見交換を行っているところです。この動きを深め、広め、加速させ、地方議会から日本の教育を良くしていこうと考えています。
山下 洋輔



ukon7 at 20:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年05月24日

イエナプランの優良校Dr. Schaepmanschool 訪問

2013年2月、Dr.Schaepmanschool Rien van den Heuvel校長先生に再会することができました。
※2012年の訪問 http://goodman.livedoor.biz/archives/51981723.html
Rien van den Heuvel先生が教員になった動機や校長になった経緯も聞かせて頂きました。Dr.Schaepmanschool は、イエナプラン教育を実践している、素晴らしい学校でした。

DSCN0551
Dr. Schaepmanschool (ドクター・スハエプマン小学校)
http://www.schaepmanschool.nl/
イエナプランの優良校の賞を取った学校です。
この学校は、4月13日に日本テレビで放映されるアナザースカイで、尾木直樹さんとともに訪れ紹介されました。

I could meet Rien van den Heuvel (Principal of Dr.Schaepmanschool) again. I

questioned why he became a teacher, and how he became Principal and started Jena-Plan education. Dr.Schaepmanschool is wonderful.




ukon7 at 01:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年01月03日

小学生が思い描く理想の学校

柏中学校の近くに、「ネクスファ」という放課後サポートと学習塾が一体化した新しい学びの場があります。ここでは、地域の大人たちが関わり、学び合うことが大切にされています。

http://next-ph.jp/about.html

この「ネクスファ」で、私は、毎月1回、「ストーリー・テリング」の講座を担当しています。
一人ひとりの持っている経験は貴重なもの。「ストーリー・テリング」では、どんな話も、その人の経験から生まれたかけがえのない物語と考え、相手の話を尊重して、聴くという姿勢を身につけます。そして、聴いてもらえたという経験は、生きる自信につながります。もちろん、人前で、自分の考えを、はっきりと自由に、恥ずかしがらずに話す力や、物語を組み立てる力がつきます。私が教育学博士課程で研究した内容をプログラムに活用しました。まずは、難しく考えずに、話を楽しんでもらえるようサポートしています。

IMG_1429


この日のテーマは「自分たちが思い描く学校」。

はじめに、トットちゃん(『窓際のトットちゃん』)の通っていた学校の話をしました。電車の車両が教室など、うらやましい話が出てきました。次第に、それぞれが理想の学校に話に広がりました。
「世界一ゴージャス」、「校舎がお城」、「土日だけ学校」、「サスケのアトラクションがあり、練習できる」、「魔法を学ぶ」、「手下がいる学校」、「ホワイトハウスが学校」などなど、発想が自由すぎます。


一方で、学びの当事者である小学生自身が思い描く理想の学校は、私も勉強になりました

●「自由」という声が多かったです。これは、教育者が理想としてきたものです。

●「ずっと休み時間」、「遊びばっかり」という本音は、デューイがLearning by doing(体験から学ぶ)と通じるものがあります。先進的な教育では、「遊び(play)」と学びを切り離していません。

●「時間割なし」→学びは、教科・科目によって区切られるものではない、と考えられます。

●「理科実験し放題」、「体育ばかり」、「算数だけ」→自分の好きな科目に集中したいという意見です。

●「先生いない」→学びの主体は子どもたちです。「先生は必要な時だけ」→教員はあくまでサポート役。「宿題なし」→やらされる勉強は、嫌という声。

●「1人から10人の学校」、「一人だけの学校」、「一人につき先生が一人」→少人数・個別教授を求める声も。

●「家のような校舎」→生活と学びを切り離さない教育と共通した考えです。(※例、イエナプランでは、教室はリビングルームとしている)

●「泊まることができる」、「家とくっついている」→イギリスなどの寄宿学校があります。ただ、通学が大変という声でもありました。

DSCN0348DSCN0350DSCN0347

「児童の権利に関する条約
(子どもの権利条約)」は、子どもの基本的人権を国際的に保障するために定められた条約です。1989年の第44回国連総会において採択され、1990年に発効しました。日本は1994年に批准しました。

\犬る権利、⊆蕕蕕譴觚⇒、0蕕銚⇒、せ臆辰垢觚⇒の4つが柱となっています。もっと、子どもの目線に立った教育や政治が必要だと思います。
せ臆辰垢觚⇒に関しても、考えていかなければなりません。子どもたちは、自分に関係のある事柄について自由に意見を表したり、集まってグループを作ったり、活動することができる。

「政策の決定、立案及びそれらの過程への関与方法を考える上で、小さい児童や若者が有している物理的、社会的環境に関する権利を十分に満たすことを優先して取り組むべきである」とロンドン宣言でも謳われています。


子どものころには、哲学的なことも考えているもの。いつしか、大人になって忘れてしまった人も多いのではないでしょうか。大人と比べて未熟ではあっても、子どもの視点は、社会に有益な気づきを与えてくれます。



ukon7 at 14:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年08月18日

自分で問いを立てる力と「それいけノンタック」‐オランダ報告8

私の幼いころ、NHK教育テレビで「それいけノンタック」という番組がありました(1985年‐1992年に放送)。
のんびり屋の少年ノンタックが、大好きなおばあちゃんにもらった魔法のめがねの力で、「おでこのめがねでデコデコデコリーン」とおまじないを言って、住んでいる町や学校などの身の回りにあるさまざまなモノたちに話しかけ、社会の仕組みを学ぶように製作されていました。
参照 http://www.st-nova.jp/movie/tvnontakku.html

オランダの授業風景を見て、ノンタックを思い出しました。
わからないことを教員に質問すると、教員はすぐに答えを教えずに、観察するように促すのです。
たとえば、クモについての学習では、「どうやってクモの巣を作るの?」と生徒が聞くと、教員は「クモに聞いてごらん」と答えるのです。
これは、「物事それ自身に問いかけるという原則」に基づいた教育方法です。

さらに、生徒がクモについて知っていること、感じていることなどを、輪になって共有します。
CIMG3067
その時、「クモさん、あなたに聞いてみたいことがあるんだけど・・・」と質問形式で、発表するようにしています。
これは、自分で問いを立てる訓練になるのです。

変化の激しい今日、知識は重要ではなくなってきます。
自分で課題を発見し、その解決法を探求し、実行する力が大切だと認識されるようになってきました。
これからの時代は、ますます、自分で問いを立てる力が求められているのです。

余談ですが、私たちがアムステルダムの街を歩いているとき、どの建物の壁も傾いているのが気になりました。本やネットで調べることもできたのですが、「この建物に聞いてみよう」と観察していました。すると、間口や階段が狭いことから、荷物を揚げ降ろしするために使うことがわかりました。
CIMG3254




ukon7 at 23:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年08月17日

自主自律型の学び‐オランダ報告7

時間割は自分で作る。
時間割

勉強は各自で進める。
CIMG3112

分らないことがあったら先生に質問。進捗を先生に報告。
CIMG3120
大勢の前で挙手するわけではなく、質問しやすい。

先生からの評価は数字ではなく、コメントで。
通知表
評価については、通知表とポートフォリオと三者面談-オランダ報告4を参照。

自学習を支える体系だった教材
CIMG3087

近頃はIT化が進み、個人がログインして学習
IT教材

難しい教材シリーズ・秀才教育
CIMG3122


ukon7 at 23:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年08月04日

「オランダの教育から学ぶ-脱『画一的教育』のヒント」​オランダの学校訪問報告会!


オランダの学校を訪問した報告会を開催致します。
5月に柏で開催しましたが、都内でも、ぜひ!というご要望にお応えして。
5月から、ブラッシュアップしてきました。
ぜひ、お誘いあわせの上、ご参加ください。

2012年8月22日(水)19:00から、
株式会社ベネッセコーポレーション新宿オフィスにて開催します。

**************************
***********************************************
こちらの登録フォームよりお申込ください。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/60871ca7208649
(お申込み受付期間:8月22日17:00まで)
*************************************************************************
CIMG3067
子どもが豊かに学ぶオランダの秘密を教育から覗いてみませんか?

講演者2名は4月中旬にオランダの学校を視察して参りました。

今回の講演では、画一教育から個性を伸ばす個別・協同教育のイエナプランの実践、学び方を学ぶスタディハウス、多様性を育むピースフルプログラムなどを報告します。それらは小国オランダならではの智慧と工夫の宝庫であり、現代日本の教育にとって貴重な示唆になると信じています

現地で見聞きしたこと、また学校の教員やリヒテルズ直子さん*との意見交換で得られた知見などをシェアし、今後の日本における教育のありかたをざっくばらんに模索できる場にしたいと考えております。また、講演者がオランダの教育システムを参考にして構想した教育改革のありかたについてもご紹介させていただきます。ぜひご参加ください。

*オランダ教育研究の第一人者。ブログはこちら→http://www.naokonet.com/


【講演者】
山下洋輔
 柏まちなかカレッジ学長
 教育コンサルタント
 柏市市議会議員
 http://www.facebook.com/yosukeyama

長井悠
 ハバタク株式会社 取締役
 http://www.facebook.com/unagai

【講演内容】
 1) オランダの学校教育の概要
 2) 実際に見聞きしてきたこと、意見交換したこと
   学校見学について
   リヒテルズ直子さんとの意見交換について
 3) これからの私たちの教育改革構想

【主催】教育ゼミ
(教育ゼミは教育に関心を持つ者同士の交流を目的とした個人の勉強会グループです)

【共催】一般社団法人 教育共創研究所
【開催発起人】藤村慎也、大沢望、須藤淳彦

【日時】2012年8月22日(水)
18:45開場、19:00開始、21:00閉会

【会場】株式会社ベネッセコーポレーション新宿オフィス
大会議室(新宿三井ビルディング 12階)
※ビルに入り、エレベーターで直接12階まであがってください。エレベーターを降りたところに案内のものが立っております。
※周辺では通常の会議等も開催されております。静粛な進行にご協力ください。
http://www.benesse.co.jp/benesseinfo/map/y_shinjyuku.html

【参加費】無料

【定員】70人

【懇親会(予定)】※希望者のみ
会場近くのお店を予定しております。(懇親会費目安:4,000円)

【お問合わせ先】
須藤淳彦(ベネッセコーポレーション)
 tukukunn@mail.benesse.co.jp
 090-3726-6094
大沢望(教育ゼミ)
 osawa.noz@gmail.com
 080-3342-1360


ukon7 at 12:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年07月07日

校庭から考える-オランダ報告6

オランダの小学校を視察し、撮影した映像です。
※Dr. Schaepmanschool (ドクター・スハエプマン小学校)を訪問 2012.04.19

これからの日本の教育は変わると、校庭から考えさせられました。
陸上競技、球技などの団体競技から遊びにシフトするのではないでしょうか。
集団行動より創造性が求められていると感じます。
http://www.youtube.com/watch?v=o3k-Y4FYIz4&feature=my_liked_videos&list=LL7NuBzWEP_-BdPF8OGElwYA

日本の事例では、校庭の芝生化が、こういった変化の流れではないかと感じています。
写真は、四国中央市四国中央市の芝生事業を視察
CIMG3452

怪我が減ったり、運動能力が向上したり、子どもの発育に効果が見られるとのこと。地域の諸団体が連携して、維持管理にあたる。地域での交流が生まれ、市民との協働が始まっています。




ukon7 at 09:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年05月21日

イエナプランの授業風景‐オランダ報告3

リヒテルズ直子さんのご案内で、イエナプランの学校を中心に見学した。イエナプランの教育は、学年の違う子供たちを混合してクラスを編成し、学び合う共同体を作る。自分で学習計画を立て、各自で課題に取り組む。一方で、対話や観察を中心とした授業が展開されている。自立学習と協同学習を組み合わせたものである。


 私が見学した
20名のクラスでの学習風景を紹介する。3つの学年が1クラスに在籍。1学年6名が先生の周りに座り、算数の説明を受ける。1回の説明で理解した児童は、自席に戻り、課題を取り組み始める。もう一度、先生は、かみくだいた説明をする。児童が、分かるまで繰り返される。そして、次の学年が先生の周りに集まった。

CIMG3085

 説明を終えると、先生は教室を歩き、質問を受ける。みんなの前で質問するわけではないので、内気な児童でも大丈夫である。また、教室に備え付けられているPCの教材で調べている児童もいる。同じ班の先輩から教わる児童もいる。先輩も教えることで、理解が深まる。異学年混合クラス編成の利点だ。

CIMG3110

日本の塾で行われている個別教育の良さと、教室という社会の中で学び合う良さの両方が生かされた教育であった。

これで、学習は身についているか?そんな心配は不要である。全国模試のようなテストを行っている。点数を競うのではなく、今後の学習や指導の指針となる。本来の意味でのテストだ。結果によっては、心理学など専門家によるサポートも受ける。自由な教育が認められる反面、教育監督局の指導を受けており、自由放任なわけではない。

 CIMG3119


※訪問校 ’t Kompas ヘト・コンパス小学校
Vlaardingen(フラールディンゲン)という都市にあるプロテスタント系の小学校。イエナプラン校ですが、ピースフルスクール・プログラムという、現在シチズンシップ教育のメソッドとして先端を切っているプログラムを採用している。
http://www.jenaplan-tkompas.nl/

※訪問校 ドクター・スハエプマン小学校
イエナプランの優良校の賞を取った学校。この学校は、4月13日に日本テレビで放映されるアナザースカイで、尾木直樹さんとともに訪れ紹介した学校です。

http://www.schaepmanschool.nl/


オランダは、移民も多く、多様な社会である。教育も、多様である。フレイネ、モンテッソーリ、シュタイナーなどの進歩的な学校やイスラム教の学校など、様々な教育が行われている。このイエナプランも、その中の一つに過ぎない。当然、オールドスクールと呼ばれ、教壇で先生が板書して、教科書を読む画一的な学校もあるということも触れておく。

 




ukon7 at 05:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年05月05日

通知表とポートフォリオと三者面談-オランダ報告4

オランダイエナプランの学校での「教育評価」について、報告いたします。

通知表は、数値で表されていません。
国語、理科、社会、音楽といった教科ごとではなく、主体性などの姿勢や聴く力やプレゼン力などスキルについて、5つくらいの項目について、教員がコメントを記し、評価されています。

児童生徒・教員・保護者の三者面談は、年に3回程度開かれます。
ここでは、この通知表をもとに話し合われます。
子ども自身の評価と合わせて、話し合われます。
保護者も同席していますが、児童生徒-教員が話し合い、保護者は傍聴しているイメージです。

それぞれの児童生徒は、学びのポートフォリオを作成しており、自分自身の評価に役立てています。
一番よくできた作品や印象深い取り組みをファイルに保存しています。
たとえば、1年生の時に、きれいにアルファベットが書けるようになった時の練習プリントが保存されており、発達の過程をたどりことができます。

写真は、そのポートフォリオを見せてもらっているところ。
CIMG3104

それぞれの児童生徒のポートフォリオが、教室の棚に保管されています。
CIMG3101

卒業生のポートフォリオも、PCスペースの棚に保管してありました。
CIMG3103


ukon7 at 02:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!