キャリア教育

2013年06月20日

柏市のメンタルフレンド事業-大学生の力を活かした教育相談

柏市には、不登校や長欠の教育相談事業の中に、「メンタルフレンド」事業があります。

メンタルフレンド事業とは,教員を目指している大学生や大学院生を中学校に週1回配置し,事情があり教室に入れなくなってしまった生徒に,別室において学習支援を行ったり,話し相手になってあげるというものです。

これは、教育分野を志望する大学生にとっても、中学生にとっても、そして学校にとっても有意義なものだと、私は思います。大学生にとっては、実地で生徒と向き合う経験になります。中学生にとっては、教員や親や友達には話せないことが、メンタルフレンドの大学生には話せるかもしれません。

メンタルフレンドとして中学校に配置された大学生のコメントを紹介します。
貴重な「メンタルフレンド」体験
https://u-times.jp/categories/international/detail_1045.html

柏市議会にて、私、山下洋輔が、このメンタルフレンド事業について質問し、以下の答弁が返ってきました。

平成24年度は,1年間で14の中学校に17人を配置し,合計303日の勤務がありました。
この事業の成果としましては,不登校気味の生徒へのきめ細かな支援が増えることにより,学習意欲が戻ったり,メンタルフレンドの勤務日だけは登校できるといった生徒が増えたりしております。
 
また,今年度は,昨年度からの課題であった人員の確保に向け,14の大学に拡大して募集をかけ,現在のところ要望のあった中学校には全てメンタルフレンドを配属しているとのこと。
「週1回ではなく,より多くの日数を」という声が、中学校から多く聞かれているそうです。柏市は、それに伴う人材確保,予算の確保に努めていくとの答弁でした。

開かれた学校を目指し、地域・社会の人材・資源をどんどん活用し、より良い相互作用が起こっていくことが望ましいと考えます。


ukon7 at 18:12|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2010年05月04日

キャリア教育としての自分史

自分史を書き、自分の価値観を明確にすることができます。
過去を振返っていても、見つめているのは現在の自分なのです。

この考えをもとに、4月に1つ論文を書き上げました。

内容は、私の授業実践をもとにした生徒の自己再評価を支援する進路指導の一提案です。


以前、自分史を活用した日本史の授業を行いました。
私が担任した学級は、推薦入試やAO入試での受験が中心であったため、生徒の興味・能力・経験・価値観などを明確にしていく必要性を感じていました。

生徒が自分史を書くことにより、生徒自身の経験を再構成し、生徒の自己理解の手助けになります。それにより、生徒は進路選択のための判断を得ることができます。

同時に、教員は自分史の指導を通して、生徒理解を深め、進路指導のために役立てることができます。


日本では、多くの学校で、総合的な学習の時間を中心として「キャリア教育」が実施されています。アメリカでは、「キャリア教育」の提唱者たちが、教科指導の中で「キャリア教育」を行うことを主張し、新たに独立した特定領域を追加する必要のないことを強調しています


教科指導と進路形成支援の統合という考えをふまえ、このような授業を計画しました。

社会が、そして生徒が多様化している状況において、本稿が進路指導の一つの提案になれば幸いという思いで書きました。

 



ukon7 at 21:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!