コーチング

2008年11月05日

子どもと親とのコミュニケーション講座への感想―O先生からのお手紙

 

私どもの講演会には、多種多様な方々が参加してくださります。

毎回、講師である私も、話し合いや感想・意見などから多くを学ばせて頂いています。

 

10月25日の親子のコミュニケーションに関する講座では、

古代の書物に書かれた内容との共通点について、

O先生からお手紙で貴重な発見を示して頂きました。

 

以下、その手紙の内容を紹介していきたいと思います。

 

コミュニケーション講座の内容と共通する教えが、

『千文字』の中に書かれています。

 

これは、千の異なった漢字を四字句の韻文で

構成した四言の古詩二百五十句のもの。

百済の王仁が論語とともにわが国に持ってきたものと言われています。

 

その中に、「聆音察理 鑑貌辯色

(れいぼうさつり かんぼうべんしょく

=音を聞いて理を察し、貌(かお)を鑑(み)て色を弁(わきまえ)よ)」

というのがあります。

 

つまり、相手の話をよく聴いて意味を悟り、

相手の顔色を見て感情の動きをわきまえなさい、

ということだそうです。

 

応神天皇の時代に伝わった書物にある句が、

数千年後の今に生きているのですね。

 

 

また、『大蔵経』に「一月三舟」という言葉があります。

 

これは、1つの月を見るにも、

3隻の舟から眺めると、それぞれ異なって見える。

教える道は同じでも、

人によって異なった受け取り方をするものだという意味です。

 

人それぞれ、異なった価値観を持つということが

仏陀の頃から指摘されていたのですね。

 

0ef94483.jpg

 



ukon7 at 10:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年05月11日

ありがとうございました!!!

今日は、柏市民フェスタ2008でした。

昨日、降り続いた雨もあがり
本当によかったです。
スタッフの方々は準備から、お天気の心配から
本当に大変だったと察します。

特に、
講演を主催してくださった「対話と傾聴の会かしわ」の方々、
フェスタを管轄された柏市市民活動センターの方々、
そして講演に参加してくださった方々には
感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございました。

「聴く」ということに興味のある参加者が多かったおかげで、
気持ちよく話すことができました。

「やる気を引出す話の聴き方」 について講演しました。

親が子に、上司が部下に、教師が生徒に、
うまく伝えるにはどうすればよいか?

自分のおかれている家庭、職場などの人間関係と
照らし合わせて考えていらっしゃる様子を見て取ることができ、
講師冥利につきるとはこのことかと実感しました。

心がふれあう人間関係づくりを推進し、
あらゆる世代の人たちが安心して暮らせる
地域づくりを行う、という
「対話と傾聴の会かしわ」の方々の思いに
私自身賛同しております。
少しでもお役に立てればと幸いです。



ukon7 at 21:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年04月11日

第2回講演会 まとめ 「子どもとおとなのコミュニケーション」

b31e28df.jpg

怒っちゃいけない」とわかってはいるんだけど・・・

 

普段の会話で実践できる
「子どもをやる気にさせる話の聴き方」
について学びました。

 

「叱る」ことは、「これだけは、どうしてもわかって欲しい」という自分の思いや考えを相手に伝えるために効果的な方法です。

 

ただ、高度な指導方法なので、コミュニケーションの基礎を固めておく必要があります。

 

また、使いすぎても効果が薄れてしまうものです。「叱る」前に、「観察」「傾聴」のポイントを学び、自分の考えや思いを伝える練習をしました。

 

お子さまの良心に働きかけ自ら行動させるテクニックについてお話ししました。「人は自分の考えで行動したい」「子どもは、常識的な考えを知っている」という考え方を基本としています。

 

このように接していると、お子さまに以下の効果があらわれてきます。

前向きのびのびやる気積極的自立勝負強さコミュニケーション能力問題解決能力など

 

さらには、親御さま自身のコミュニケーション能力が向上し、結果的に家庭だけでなく、仕事や趣味などの人生全般に効果がみられるようになります。家庭・仕事・学習・遊びは密接に関係しており、人生をバランスよく充実させることが、より良い親子関係を作る近道であると言えます。

 

このテクニックは、帰ったらすぐに使えるものです。その知識を、違和感なく使える感情レベル3から4週間目安)、習慣として定着する性格レベル3から6ヶ月目安)、当たり前のように出来る身体レベル1年以上目安)にまで高めていただければ幸いです。

 

このテクニックを使う以前の心構えを、あらためて確認しました。
が前提、
△△蠅里泙泙鮗け入れる(判断を下さない)、
子どもへの関心を示す(同感ではなく、共感)、
け海鮠なく、誠実に、
ゼ遡笋蝋気┐瓩法
5つでしたね。この心構えのもと、テクニックを学びました。

 

最後に、どのような人間に育って欲しいかというビジョンを持つことの重要性について述べました。

 

大切であり、そして、難しいのは、信じ、待つことです。お子様には、解決する能力があります。子どもは、「育てる」のではなく「育つ」ものです。なかなか思うようにいかないかもしれませんが、愛をもって、ありのままのお子様を受け入れてあげてください。

 

 

 



ukon7 at 12:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年03月13日

子どもと親とのコミュニケーション講座

015528a5.JPG

講演会のお知らせです。

2008年3月20日(春分の日)に
第2回緑葉教育研究会主催
『「怒っちゃいけない」とわかってはいるんだけど…』
を開催します。

中高生の親御様向けに、
子どもを伸ばす話しの聴き方について話します。
参加者の方々には、ロールプレイを通して
実際に練習していただく予定です。

中高生の親御様向けですが、
内容はコーチングや傾聴といったものです。
職場、家庭、恋愛、学校など
身近な人間関係の改善にも使えますので、
中高生のお子様がいらっしゃらなくてもご参加ください。

2008年3月20日(木)春分の日
14時30分から16時(終了予定)
参加費 無料

於 千葉県柏市中央公民館
(柏市柏5-8-12、柏駅東口から徒歩10分)
http://www.city.kashiwa.lg.jp/facilities_guide/civics_culture/cvc_central.htm

後援 柏市教育委員会



ukon7 at 01:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年03月11日

気力‐NHK土曜ドラマ「フルスイング」に心打たれて

気力‐NHK土曜ドラマ「フルスイング」に心打たれて

先日、NHK土曜ドラマ「フルスイング」の最終回を観ました。
このドラマは、高林導宏先生をモデルとしたものです。
高林先生は、プロ野球の打撃コーチを30年勤めた後、
58歳から福岡県私立筑紫台高校の教師になりました。

高林先生の熱意で、
生徒はもちろんのこと
教員はじめ学校全体が変わっていく様子が描かれていました。

卒業式後のクラスにて、高林先生はメッセージを送りました。
それは、「気力」です。
これからの生徒の人生に、そして自分の闘病生活に。
お互い真剣に生きようとの気持ちで贈られた言葉でした。

高林先生にとっての「気力」とは、
「あきらめない気持ち」
であると説明されました。

「あきらめない気持ち」は成功の秘訣だといえます。

靴職人の山口千晃さんが、
あきらめずに「挑戦を継続すること」
が大切だとお話になったのを聞いたことがあります。

もし、自分が間違っていたら
いくら続けても・・・。
そんな不安を感じてしまうものです。

あきらめそうな気持ちを支えるものは何でしょう。

自分を信じられるかどうかだと
私は思います。

高林先生は、生徒のいいところを見つけ、
生徒が自分を信じられるよう応援していました。

高林先生のように、全国では一生懸命に
応援していらっしゃる先生方を私は知っています。
表には出てきませんが、
そんな先生方が多くの人生を支えてきたことは
本当に素晴らしいことだと感じています。

卒業式の季節に、いいドラマを観ることができました。

 



ukon7 at 01:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年01月27日

NHK土曜ドラマ 「フルスイング」を観て

中高校生とのかかわりを考えるために、
とても勉強になるドラマです。

第二回目の放送では、農協で講演を行った高畠先生と
悩んでいる時任先生との車内での会話が印象に残っています。

高畠先生は、プロ野球選手の指導理念から、
高校生自身が答えを見つけていけるようサポートする重要性をかたります。
それに対し、時任先生は、高校生には厳しく教えてあげなければ伸ばすことはできないと考えているようです。
高畠先生は、高校生のたくましさ・強さを認めるのです。


以下、NHK土曜ドラマ フルスイングホームページより

http://www.nhk.or.jp/dodra/fullswing/index.html

 

【ドラマのストーリー】

  「教える」ことに人生の全てを捧げた一人の男がいました。打撃コーチ高畠導宏さん。七つのプロ球団を渡り歩き、落合、イチロー、小久保、田口を始め、30人以上のタイトルホルダーを育てた名伯楽は、還暦間近で福岡の高校の教師になりました。

  高畠さんは30年のコーチ人生で培った優れたコーチング力で、悩める思春期の子どもたちと現場の教師たちを大きく変えていきます。

  自ら、悩み、迷い、葛藤する姿をさらけ出す素敵さ。高みから何かを教えるのではなく、「生きる力」を伝えようとする熱意。「俺だけの先生」「私だけの先生」と子どもたちに思わせる「好きにならずにいられない」教師の姿がそこにありました。

  わずか1年でがんに倒れ、志半ばで逝去した新米教師「高さん」と、彼の思いを受け止め、成長していく子どもたちと教師たちの感動の実話をドラマ化します。

 

高畠導宏さんのプロフィール

  昭和19年岡山県生まれ。「岡山の怪物バッター」として知られ、丸善石油、中央大学の野球部を経て昭和42年南海ホークスに入団。怪我により47年から打撃コーチに転進。以降、ロッテオリオンズ、ヤクルトスワローズ、ダイエーホークス、中日ドラゴンズ、オリックスブルーウェーブ、千葉ロッテマリーンズと7球団をわたりながら、のべ30人以上のタイトルホルダーを育て上げた。平成15年より福岡県私立筑紫台高校の社会科教諭に。翌年、すい臓がんのため、永眠。



ukon7 at 14:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年12月26日

3ヶ月沈黙の理由-活動報告

3ヶ月ぶりの更新になります。

この間、緑葉学舎の今後の方針を練り、活動の準備をしていました。

取り組んできたことは、主に以下の三点です。

 

教育プログラムの研究・開発

プログラムの試験、効果確認(各地でゲリラ活動)

海外とのネットワーク構築

 

年明けからの活動に向け、十分な手ごたえを得られましたので、

ここに報告します。

 

教育プログラムの研究・開発

カウンセリング・コーチングをもとにした親子のコミュニケーションプログラム

キネシオロジー(運動機能学)をもとにしたメンタルヘルスプログラム

学習方法、記憶術の体系化

 

プログラムの試験、効果確認(各地でゲリラ活動)

【都内】

メンタルヘルスプログラムの体験講座

講演会、セミナー開催

各種勉強会での学習方法の提案

就職活動中の大学生へのコーチング

研究者、司法試験受験者へのキャリアカウンセリング

【柏市内】

★早朝体操体験講座

 

海外とのネットワーク構築

韓国、台湾、アメリカ合衆国、ブラジル、タイとのネットワーク作り

大学院にて、海外の教育事情をチェック

 

非公開の講座や講演が多く、

メールなどで個人的に呼びかけ、

本ブログ上で公表できませんでした。

 

上記の内容をより詳しくお知りになりたい方は連絡ください。

 ryokuyo@hotmail.co.jp

 

 



ukon7 at 02:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!