プロジェクト学習

2014年10月20日

社会をより良くする課題解決学習

先週、風早北部小学校5年生の総合的な学習の時間の講師としてお招き頂きました。
本年度、学年全体で、「観光立県ちば・観光立市かしわ」をテーに取り組んでいて、その中の学習の一部に関わらせて頂きました。
IMG_2340
1時間目は、子どもたちが考えた観光計画の発表でした。地域に密着した素晴らしいアイデアで、私も勉強になりました。ただ、そのアイデアを実現させる手法が、たとえば「公園を作ってほしい」といった行政任せの部分がありましたので、2時間目の私から話では、自分たちで地域を良くしていくための活動を紹介いたしました。自分たちで小さな一歩を踏み出していくきっかっけになれば幸いです。
大人が参加しているタウンミーティングなどでも、行政任せの要望ばかりが出てくることが多いのが現状です。
「いかに自分事として考えられるか」
これからの私の活動のためにも、貴重な経験となりました。
IMG_2334
総合的会学習の時間というものは、デューイの経験による学びをもとにしており、身近な興味関心や疑問から、仮説を立て、調べ、いろんな知識をつなげながら深めていくものです。そして、そこから導かれたアイデアを実現させるために、プロジェクトを立てて実践する。その中で、また調べ、関係者と対話し、調整し、修正していく。社会との関わりの中で学んでいきます。プロジェクト学習課題解決学習とも言われます。
4月からは、「観光立県ちば・観光立市かしわ」についての興味関心や疑問点を確かめ、知識を得てきたようです。夏休みに、実地の見学やインタビュー、その他の調べ学習を通して、ある程度の仮説が立てられました。先週の私の授業は、その仮説やアイデアをお聞きする段階でした。これから実際に社会に働きかけ、少しでも社会がより良くなる実感を得ることで、また次の学びへとつながっていくことになります。
このような学習が、行政任せや批判だけでなく、自分事として考えられるように育っていくと信じています。
IMG_2332
これまで、こども対話やストーリーテリングの活動を通して、子どもたちの意見をいかにに引き出し、社会にどう生かすかを考えてきました。地域や教育について考える時、子どものアイデアから、柔軟で、本質的なものも出てきます。選挙権は20歳からなので、20歳未満の意見は、現在の政治システムとは別の方法でフォローする必要があるとも考えています。
2014-10-02-17-17-23



ukon7 at 14:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年05月01日

高校で英語の授業が英語で行われることについて

平成25年4月1日の入学生から、学習指導要領が適用されます。
その中で、高校の英語の授業を英語で行うことについて、意見などを求められることが増えてきましたので、このブログでもコメントしたいと思います。


学習指導要領には、生徒が英語に触れる機会を充実するとともに、授業を実際のコミュニケーションの場面とするため、授業は英語で行うことを基本とすることが明記されています。

改訂の趣旨を読んでみると、その心意気は評価できます。


そこで、この改訂について、学校現場の声を聴いてみました。

 授業を英語で行うとなると教員の負担が増えるのではないかという声について。高校の英語の教員は、いわば英語の専門家です。まったく負担がないわけではありませんが、対応できるでしょう。

 心配なのは、生徒側です。特に、学力が高くない学校では、厳しいと予想されます。アルファベットすら、身につけていない生徒がいるのが現実です。

しかし、学習指導要領で定められた以上、英語で授業を行っていくという事に関して、無理だと言っている場合ではなくなりました。アルファベットを身につけていない生徒は、基礎的な会話からはじめ、日常生活での会話は身につけさせられます。

  小学生5、6年生でも英語の授業が行われており、下地はできつつあります。最初は、混乱が予想されますが、長い目で見る必要があると思います。

  これまで、学術論文のスキルとしての文法に偏りすぎていた。アルファベットが書けないような生徒には、まずは、日常生活で使用する会話の習得が大切。

 

お話をお聞きし、授業を英語で行うことに関する議論は、方法論に過ぎないと感じました。英語の学習内容が、文法などを中心とした読み書きスキルから、議論や対話スキルへと広がっているのです。

書簡から、電話。メールから、スカイプなどのテレビ電話。文字だけではなく、音声や映像による媒体が増えてきました。通信手段や伝達手段も多様化しています。このような背景があるのです。

 

これからの英語の授業は、海外との恊働を行っていくのが良いと、私は考えます。英語は手段です。その英語を使って、何を学ぶかが重要となってきます。

たとえば、海外の学校とメールやテレビ電話を使い、共通のプロジェクトに取り組んでいくというプログラムがあります。

私が訪問したオランダのホフスタッド・リセウムでは、ドイツやヨーロッパの高校と提携し、実際に起業をするという共通のプロジェクトに取り組んでいます。その他にも、水問題やアフリカに学校を建てるなどのプロジェクトも行ってきています。

英語を使って、メールのルール、ディスカッション、計画立案、対話、まさに生きる力を学んでいるのです。

 この学習指導要領改訂が、これからの日本の英語学習が、新たなステージに進むきっかけとなる事を願っています。



ukon7 at 11:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!