メンタルフレンド

2013年06月26日

スクール・ソーシャルワーカー

子どもたちが、健やかに成長していくためには、学校や家庭が安心・安全に生活できる場であることが不可欠です。しかし、いじめ、養育困難、家庭内暴力など様々な事情で、その安心・安全が確保できず、不登校や学校内外における問題行動を引き起こすなど、子どもが抱える課題は複雑化しています。
このような課題に対して、学校や家庭、地域を含めた子どもたちを取り巻く環境に着目し、その調整を図るのがスクール・ソーシャルワーカーです。
いじめ、不登校など教育の諸問題は、こども本人の問題のみならず、家庭・地域・社会・経済の問題と密接に関わるものであると考えます。つまり、児童生徒本人が抱える問題は、学校や本人のメンタルの問題だけではありません。
そこで、東京都でも30の自治体が、スクール・ソーシャルワーカーを導入し、学校や児童生徒を取り巻く問題に取り組まれています。
スクール・ソーシャルワーカーは、県、政令市、そして、中核市において、事業を申請できるとのことです。
柏市は、スクールカウンセラーメンタルフレンドなど教育相談事業に取り組まれていますが、スクールソーシャルワーカーの導入も検討すべきと、私は考えます。

社会福祉の専門家であるスクール・ソーシャルワーカーの支援は必要なことと考えているとのことです。
現在、柏市では、家庭の問題、児童虐待の問題を抱えている児童生徒への対応は、東葛飾教育事務所に1名配置されているスクール・ソーシャルワーカーや家庭児童相談室、児童相談所等と連携を図りながら児童生徒の支援を行っています。
また、社会福祉士の資格はありませんが、教育分野に精通し、千葉県のスーパーバイザーが、社会福祉の知見も有しており、相談活動や他機関とのコーディネートをしていただいている方を市教委で雇用しているとのこと。市教委としては、まずは教育と福祉の両面にわたり知識と技術を持って活動しているこのスーパーバイザーの方のお力をかり、教育相談体制を整えていきたいと考えているそうです。
加えて、千葉県教育委員会に対しては、スクール・ソーシャルワーカーの増員を要望していくとの議会での答弁がありました。

ukon7 at 15:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年06月20日

柏市のメンタルフレンド事業-大学生の力を活かした教育相談

柏市には、不登校や長欠の教育相談事業の中に、「メンタルフレンド」事業があります。

メンタルフレンド事業とは,教員を目指している大学生や大学院生を中学校に週1回配置し,事情があり教室に入れなくなってしまった生徒に,別室において学習支援を行ったり,話し相手になってあげるというものです。

これは、教育分野を志望する大学生にとっても、中学生にとっても、そして学校にとっても有意義なものだと、私は思います。大学生にとっては、実地で生徒と向き合う経験になります。中学生にとっては、教員や親や友達には話せないことが、メンタルフレンドの大学生には話せるかもしれません。

メンタルフレンドとして中学校に配置された大学生のコメントを紹介します。
貴重な「メンタルフレンド」体験
https://u-times.jp/categories/international/detail_1045.html

柏市議会にて、私、山下洋輔が、このメンタルフレンド事業について質問し、以下の答弁が返ってきました。

平成24年度は,1年間で14の中学校に17人を配置し,合計303日の勤務がありました。
この事業の成果としましては,不登校気味の生徒へのきめ細かな支援が増えることにより,学習意欲が戻ったり,メンタルフレンドの勤務日だけは登校できるといった生徒が増えたりしております。
 
また,今年度は,昨年度からの課題であった人員の確保に向け,14の大学に拡大して募集をかけ,現在のところ要望のあった中学校には全てメンタルフレンドを配属しているとのこと。
「週1回ではなく,より多くの日数を」という声が、中学校から多く聞かれているそうです。柏市は、それに伴う人材確保,予算の確保に努めていくとの答弁でした。

開かれた学校を目指し、地域・社会の人材・資源をどんどん活用し、より良い相互作用が起こっていくことが望ましいと考えます。


ukon7 at 18:12|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!