リーダーシップ

2012年10月09日

西水恵美子さん(前世界銀行副総裁)から学んだリーダーシップ

昨日の東葛リベラルアーツ高校生版リーダーシップ研修特別編で、西水美恵子・前世界銀行副総裁から学んだことは、これからの私の力になると確信しています。


 擽軌薐丙垢悗亮茲蠢箸漾
「貧困」について、どんなイメージを持っているか、西水さんは、ワークショップの冒頭で、高校生に問いかけました。その時、私も、考えました。私が、思い描いたのは、アフリカや遠い国のことでがありませんでした。借金の返済に苦しむ家庭、日々の生活でいっぱいいっぱいの家庭、会話もなく、すさんだ毎日。その状態への恐怖。そんな、ごく身近に、あり得る「貧困」でした。

懇親会で、私のイメージした「貧困」を、西水さんにお伝えしました。
西水さんは、今の日本の貧困は深刻な状態であるという考えを示されました。
今の日本の貧困は2世代目で、世代を超えて引き継がれている。
今、対処しなければ、貧困が固定化した状態が続いてしまう。
教育格差を改善しなければならない。
そんな話になりました。

以前(2009年4月)、「ペアレントクラシーと学力格差」という記事を書きました。
http://goodman.livedoor.biz/archives/51426546.html

最近になっても、教育格差について、議論したところでした。
OECDの対日経済審査報告書2011概要でも、日本の貧困や教育格差について指摘されています。
http://www.oecdtokyo2.org/pdf/theme_pdf/macroeconomics_pdf/20110421jpnsurvey3.pdf

あらためて、私は、学校現場の外から、教育に働きかけていかなければならないと使命を感じました。

◆收こΧ箙圓筏腸颪龍δ姪澄
西水さんは、世界銀行改革についても、話して下さりました。
世界銀行の株主は、国民一人ひとりである。直接、国民の声を聴き、政府をチェックしていく。
国民から聴いた声は、ちゃんとフィードバックしていく。そこから信頼関係を築く。
世界銀行の支援を通して、国の不正を改めさせ、より良い社会を作っていくものだと説明されました。

この世界銀行の役割は、地方自治体の議会と似ています。
市議会議員は、市民の声を聴き、市役所をチェックしていく。
市民から聴いた声を、フィードバックしていくことで、信頼関係を築く。
議会での質問などを通して、不正を改めさせ、良い事業を推進していくことで、より良い社会を作っていく。

西水さんに、この共通点を話したところ、まさに、それが西水さんの伝えたかったところでした。
市民の声を聴き、市民の立場に立った政治を。
草の根の広がりと力は、すごい。
地域に一番近い市議会議員の可能性を教わりました。

【目は曇っていないか?】
政治家は、権力に毒されてしまう人が多い。
政治家は職業ではない。
いつでも、辞められる覚悟や土台が必要。

腐敗してしまわないために、気を付ける工夫。
心と頭がつながっている真っ裸の状態を保つために、
朝起きたら、自分の顔を鏡でチェックする。
1分くらい、じっと向き合う。
目が曇っていたら危ない。心と頭がつながっていないと、気分が悪くなってしまう。

ぁ撻蝓璽澄璽轡奪廚箸蓮
相手の身になって、考えられること。
信念を持って、情熱を持って、行動すること。
どんなに小さな行動でも無力ではなく、チームとなて大きな力を発揮する。



ukon7 at 02:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年10月08日

西水美恵子さん(前世界銀行副総裁)、東葛飾高校に!

東葛飾高校で開催されている東葛リベラルアーツ高校生版リーダーシップ研修特別編で、西水美恵子・前世界銀行副総裁をゲストにワークショップに参加する機会に恵まれました。

柏まちなかカレッジの副学長でもある福島先生が、東葛リベラルアーツを主催されています。社会人の経験など生きた知識を高校生に伝える企画で、柏まちなかカレッジでも参加させていただいていました。東葛飾高校は、私の母校でもあります。



最初に、西水さんは、参加者に、「貧困」のイメージを思い描くよう、投げかけられました。

少し考える時間を持ち、目をつぶって、西水さんのお話を聴きました。

それは、パキスタン・カシミール地方で、西水さんがホームステイした家のお母さんの話でした。朝早くから、水を汲みに山を上り下りし、食べるものは最低限で、貧しい毎日の繰り返し。
”This is not life. This is just keeping body and life. ”



そのお話を聴いた高校生の感想を西水さんは、引き出していかれました。

パキスタンの女性に身を重ねて考えている高校生の姿勢を評価されました。

「その人の立場、気持ちに重ね合わして考えること」それが、リーダーシップであると示されました。

このお話をお聞きし、私は、チェ・ゲバラの言葉を思い出しました。

「世界のどこかで誰かが不正な目にあっているとき、 いたみを感じることができるようになりなさい。 これが革命家において、最も美しい素質です。」



貧困は、自然現象ではなく、人間の仕業。

先生はおらず、教科書は行き渡らず、空っぽのコンクリートの箱に過ぎない学校。

不正が横行している途上国の現状やテロ活動へ参加していく若者の怒りを知りました。



「もし、この村の住民だったら何をするか?」

そんなテーマで高校生は話し合いました。さまざまな意見がでました。

海外からの支援を求めたり、留学や出稼ぎといった外圧を使う方法。

私立・村立の学校を作ってリーダーシップを養成していく方法。

これらは、現場でも動いている話です。



特に、お金だけではなく、学校を建てるため知識が欲しいという村人のための、教育プログラムを実施しているNGOの話も聞きました。

教育と健康管理など、途上国の生活水準を改善する、「 援助ではなく、民間による事業 」で途上国支援を行うプロジェクト、バングラデシュのNGO・ブラック(bracNet)。

http://www.allianceforum.org/developing/bracnet/

有名なグラミン銀行のお話も紹介いただきました。

http://jp.grameencreativelab.com/live-examples/grameen-bank-the-mother-of-grameen-social-business.html



最後に、カシミールからホテルに戻った西水さんの話には、熱いものがこみ上げてきました。極限の生活から、豊かなホテルに戻った時、どのように感じるか。吐き気を催してしまうくらいの罪の意識。そんな気持ちに考慮し、ベルボーイ、メイド、スパ、レストランのウェイターが、チームとなって西水さんをケアしてくれたそうです。

このケアがなかったら、その後の西水さんの世界銀行の改革はなかったかもしれないと振り返られました。

「どんな小さなことでも無力ではない。チームとなって大きな力を発揮できる。」

情熱を持って、信念をもって、行動すれば、無力ではないと教わりました。



その場でしか話し合えない、深まりのある時間でした。東葛飾高校の生徒へ、西水さんからリーダーシップのあり方を示して頂きました。

西水恵美子さん

http://www.sophiabank.co.jp/japanese/about/partners/nishimizu.html

世界銀行とは

http://www.worldbank.org/


西水さんのご著書「国をつくるという仕事」、「あなたの中のリーダー




ukon7 at 01:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年08月21日

少年期におけるリーダーシップの評価方法に関する調査研究

国立妙高青少年自然の家が、小学生のリーダーシップを測定し、育成に活かす仕組みを開発。
質問内容や集計プログラムを公開している。
「少年期におけるリーダーシップの評価方法に関する調査研究」 
http://myoko.niye.go.jp/result/H23.html

リーダーシップを測定。質問・方法などが公開されています。
教育評価という点だけでなく、なぜ野外活動(遊び)が大切かを実証してくれる仕組みとして意義あるものです。夏に向けて、宿泊学習や子ども会などで活用してみてはいかがでしょうか。


ukon7 at 22:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!