人間関係

2010年03月02日

ネットワーク作りの基本

2月末、マカオに行っておりました。

世界中の大学の方と友好を結ぶ機会はありますが、
大切なのはその友好を維持することです。
メールなど便利な道具はありますが、
1番の基本は会うことですね。

台湾の淡江大学に、マカオ出身の友人がいます。
私は大学院でキリシタンの歴史を研究していたので、
いつかマカオを訪問したいという思いを抱いておりました。
マカオの友人は、卒業したらイギリスに留学する予定というので、
その前に研究会の仲間とマカオに旅立ったのです。

せっかくなので、マカオ大学とも友好を結んで帰ろうということで、
マカオ大学を訪問しました。
CIMG0074














大学の国際交流センターや留学生センターみたいな部署を探しました。
しかし、見つかりません。学長室も伺いましたが、入れ違い。

とりあえず、学食を食べたり、授業をのぞいたり、図書館を見学したり。
そんな中で、サークルの勧誘の学生に出会いました。
「短兵」といってスポーツチャンバラ部です。
部長は体育会連盟の常務理事でもあります。
私は、剣道部出身なので、剣道談義に花がCIMG0079咲きました。















あとでマカオの友人に聞くところによると、
マカオ大学では日本文化のイベントを開いているそうです。
私たちが出会った体育会の学生を通して、
何かしらイベントへの協力依頼が来るかもしれないね、と話しました。
その後も、街で出会ったマカオ大学の学生ともメールをやり取りするようになり、
小さいながらマカオとのつながりはできてきました。

今回、マカオとのネットワークを築こうと、
大学の国際交流センターなどとの関係構築を考えました。
大人になってきたのか、今まで旅で築いてきた方法を忘れてしまっていました。

人間関係、やはり基本は、個人と個人です。
一人の友人と心を開いて語り合う。
そんな人間関係を、1つ1つ積み重ねていくだけです。

そんなことを再確認した旅でもありました。



ukon7 at 00:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!