地域の力を引き出す学びの方程式

2014年01月22日

Amazonカスタマーレビューありがとうございました。

2013年11月に出版しました『地域の力を引き出す学びの方程式‐柏まちなかカレッジにみる教育×まちづくりの答え』(水曜社)に対して、心のこもったコメントをAmazon.co.jpのカスタマーレビューに頂きました。
本当にありがたいです。
このブログに転載いたします。 http://p.tl/FWKs  

まちを元気にする等身大の取り組み 2013/11/3
By don
この本に書かれている内容は、成功事例でも自慢でもなく、
まちに住む人が等身大で「現在進行形」で取り組んでいることの集積。
全国の事例を集めたものではなく、1つのまちでの多様な切り口での実践を
豊富に紹介していることが本書の特徴。
”地域活性”や”まちおこし”というテーマの書籍はたくさんあるが
この本に書かれていることは、学術的ではなく、また肩肘張ったものでもなく
その気になれば自分たちでも実践できそうだ、と勇気を与えてくれる。そこに共感を覚える。
舞台である千葉県柏市は、全国どこにでもある郊外のまち。
課題も似ていれば、それに対する取り組み方も参考になると思う。
自分が住むまち、関わる地域を元気にしたい、という人にお薦めしたい1冊だ。

オープンスペースのようなまちづくり 2013/12/8
By whitesnow
読みながら、ハリソン・オーエンさんの「オープンスペーステクノロジー」を思い出していました。出たり入ったりが自由な柏まちカレそのものが参加者の主体性を最大限に発揮できるオープンスペースになっているのかもしれないと思いました。著者の山下さんと副学長の福島さん、そしてメンバーの方々の情熱と在り方がそれを実現させているんだと思います。
そして、年間カリキュラムがないという発想そのものが、得てして、やらされ感に包まれやすいまちづくりをそうさせない秘訣のようにも思いました。最近、対話の手法などを取り入れたまちづくりの場を作っている場面には出会うことが増えましたが、個々の場だけでなく運営そのものに対話の思想が活かされているまちづくりは、ほとんどないと思います。
本当に良い刺激を受けました。

まちづくりは“ひとづくり”から。 2013/11/26
By まずは一歩を。
まちづくりの好著に出会いました。
“まちなかカレッジ”という、市内あちこちをキャンパスとし、講師は得意な市民が担当する学びの仕組み。テーマは趣味から社会問題まで様々。
元先生や経営者、入社したての社会人や学生などが教え伝え、時には参加者とのディスカッションにより問題意識や解決策が街全体にじわじわ広がって行くのです。
例えば、“フューチャーセンター”と言う、組織や枠組みを超えた問題解決ネットワークもこの“まちなかカレッジ”の会話から生まれたものでした。
この本では、コストのかからない運営の仕組みなどノウハウを、柏という街を例に伝えています。
著者の自然体で語られる人間ドラマや場所物語は、まちづくりは人づくり、人と人とのつながりづくりから成るのだと改めて気づかせてくれます。

すぐ始められるまちづくり, 2013/11/21
By さとうひろたか 
あっという間に読み切ってしまった、というのが感想だ。
まちづくりの団体やその手法はいろいろあるが、お金をかけずに、街の人誰もが主役になれて、結果として地域活性化につながる。
とても参考になるし、すぐにでも試してみようと思う。
まちづくりの団体だけでなく、行政職員、教育者にも読んでもらいたい。
特にお勧めは、仕事を引退したお父さん。
これまでの企業での経験を活かすことでまちなか先生になれてしまう。
何度も読み返して、シニアの起業に役立てて欲しいバイブル。

著者山下先生の人柄が伝わってくる素敵な一冊, 2013/11/17
By 石敬
街を良くしていこうという若者達がボランティアでサークルを作り、色々な活動を通して出会った人々に感謝をしながら街に恩返しをしていく様子が伝わってきてジンときました。
実名や写真がたくさん掲載されており、著者が愛し愛されているんだなと思いました。
柏という街が多くの市民の愛情で『住んでみたい街』の上位ランキングにあがっている理由がわかりました。素晴らしいですね。
素敵な写真満載で、紙質やレイアウト、表紙デザイン etc.本としても素晴らしい本だと思いました。 
山下先生は市議会議員でご活躍されているとのこと、こんな人が行政の真ん中にいる、柏っていいですね。これからも頑張ってください。

まちづくりを市民の目線から見た活動記録書。, 2013/11/10
By 昼下がりのピノキオ
この本は、柏まちなかカレッジがどのような考えで生まれて、
またそのカレッジからどんなことが派生していったのかが書かれています。
中でも興味深かったのが、「柏」という千葉県のいち市町村の話しでありながら、
「マリ」「デンマーク」「ブータン」「オランダ」と、登場人物や話しの中身が世界に繋がっていく部分です。
これは著者を含めたカレッジの運営者たちが、興味のあることはすぐ行動に移すという、
スピード感と着手力に長けていたからだろうと思います。
そんな行動の記録。
自分も育った街になにかをしたい、そんな気持ちにさせてくれました。

同じようにまちの活性化をめざすものとして, 2013/11/5
By murakamit (神戸市) 神戸モトマチ大学というソーシャル系大学を主催している村上と申します。
山下さんとは今年春に都内でのイベントではじめてお目にかかりました。同様にまちのことを考えて「学び」を創ろうとしているのに、これまではしっかりとお互いの活動について話をする機会をもてていませんでした。
本書で描かれているのは、結果ではなく誰にとっても参考になるまちづくりのプロセスです。
と同時に、数多くの困難にぶつかったはずなのに、それをことごとく前向きに捉えることで乗り越えた意欲の強さです。
多くの気づきと勇気を下さった本書に感謝しています。

ちょっと自慢の書籍です, 2013/11/4
By 香西敏弘 (千葉県柏市) 柏市に住んで30年近くになります、柏市ってどんな街、と友人に聞かれて、上野から30分程度、高島屋や丸井、柏レイソルもあるよ最近は東大もあるよetc。ふ〜ん、それで、と聞かれると、箱モノ系しか出てこない。実は自分が街のことを知らないことに気付かされます。書籍のタイトル、「地域の力を引き出す学びの方程式」、「もっと自慢できる土地になってほしい」。にさそわれました。一昨日(11/2)、柏市で、著者の山下洋輔様の出版記念会が開催されていること都内の知人よりFacebookで知り、出かけました。ハックルベリーブックスという書店で開催されました。柏駅から少し離れた場所にありますので、初めて訪れました、大手書店とは異なり、手作りの暖かさがただよう場所でした。著者の山下洋輔様より、大事にされているお守りのこと(実はちょこっとおもわず笑ってしまいました)や書籍には、書かれていない内容についてもお話しをお聴き楽しい出版記念会のひと時でした。
対話のできる街、聴き屋の多い街。ちょっと柏の街を自慢できる気分になる、書籍です。
http://www.huckleberrybooks.jp/
出版記念会では、著者の山下洋輔様より、書籍に心のこもったサインもいただきました。
嬉しい気持ちになりましたので、投稿させていただきました。ありがとうございました。(*^_^*)
cover2 


ukon7 at 12:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年10月09日

『地域の力を引き出す学びの方程式』の出版元水曜社と私

2007年、私が「自分史研究」で、愛知県春日井市のかすがい文化財団を訪問したときに、学芸員の方から『手帳は語る。』と『まちづくりオーラル・ヒストリー』をご紹介いただき、文化とまちづくりの領域に開眼するきっかけとなりました。
この
2冊は、水曜社から出版されております。内容も装丁も素晴らしいもので、いつか私が出版するときは、水曜社さんからと決めていました。

11月には『地域の力を引き出す学びの方程式〜柏まちなかカレッジにみる教育×まちづくりの答え』が、水曜社さんから、いよいよ出版されることになりました。夢が実現しました。http://p.tl/FWKs  

今から4年ほど前、水曜社さんに本の企画を持ち込みました。
教育哲学や教育方法論などを基礎にした柏まちなかカレッジの理念を中心に組み立てた内容について、「頭でっかちな文章ではダメで、人間をイキイキと描かないと人の心をつかむことはできない。まちのリーダーになるためには、そういった言葉の力が必要だぞ」と水曜社の仙道社長にご助言を頂きました。
当時は、教員を辞め、大学院博士課程での研究と教育コンサルタントとしての仕事が中心で、まちのリーダーと言えるものではありませんでした。その後、柏まちなかカレッジの活動も広がりから、まちへの関わりが深くなり、もっと運営に関わっていきたいという思いを強め、今では市議会議員として活動しています。仙道社長から、まちのリーダーとして頑張ってほしいというエールを頂いたと感じています。

地域の力を引き出す学びの方程式』は地域色が強く、実績のない著者なので、売れ筋の内容ではなく、出版社さんとしてはリスクがあるとのこと。それでも、柏まちなかカレッジが、次のステージに成長するための応援したいということで、出版が決まりました。出版社の社会的な使命を実感しています。ご期待に応えられるよう、柏まちなかカレッジは、より成熟した活動を展開していきたいと思います。

編集者の福島さんには、良い内容にしていこうと、辛抱強くお付き合い頂きました。
装丁の山中健雄さんは、本まっち柏で出会った同じ年齢のデザイナーです。山中さんにとっても初めての作品となり、実現はしませんでしたが活版印刷も含め、様々なアイデアを出して頂きました。
様々な方に支えられながら、出版は実現するのだと知りました。

関係者の皆様、ありがとうございます。



ukon7 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年10月08日

出版が決定 『地域の力を引き出す学びの方程式』

私の初めての著作となる『地域の力を引き出す学びの方程式〜柏まちなかカレッジにみる教育×まちづくりの答え』が、水曜社さんから、いよいよ来月に出版されることになりました。


そこで出版記念イベントを開催致します。ぜひ、ご参加ください。
‘時:11月2日(土)
14001500 
 会場:ハックルベリーブックス

   千葉県柏市柏3−8−3 http://www.huckleberrybooks.jp/

日時:11月13日(水) 19002000
    会場:紀伊國屋書店新宿南店3F 喫茶スペース
定員の関係もありますので、参加ご希望の方は、下記までお知らせください。
 Mail: info@y-yamasita.com

無題

Amazon.co.jpでも予約できます。 http://p.tl/FWKs  

目次は、以下のようになっています。


はじめに

第一章 柏まちなかカレッジへようこそ

きっかけ

柏まちなかカレッジ開校式までの道のり‐まちの担い手を育てる先輩の存在

ギリシアのアゴラのような開校式会場‐母校の旧校舎跡にて

開校式に向けて‐みんなでつくるカレッジ校歌


第二章 柏まちなかカレッジをつくるもの

専任講師は不要‐まちの人、誰もが先生に

まち全体が教室‐ソクラテスのように

カレッジの運営費‐起死回生の案も飛び出す?

評価基準‐まちカレ独自の考え方

集客方針‐人数よりも質

深まった運営方針‐「ない」ことを強みにする

年間カリキュラムなし‐講座開催までの流れ

組織のかたち‐役職は自分で名乗る

柔軟な組織運営‐メンバーに退会という概念すらない


第三章 柏まちなかカレッジがやってきたこと

朝活サークル読書会でブックトーク

焚き火ダイアログ合宿

「哲学への権利 国際哲学コレージュの軌跡」 上映・対話会

マリ大使にまちカレを提案

手賀シティ 架空の都市をつくってしまおう

波乱万丈の「デンマークの友人と教育を語る会」

ブータンの教育を語る会 バックパッカー界のボスも参加

まちの見え方が変わった 柏まちなかドアノブマニア

カラスが示す街の課題



第四章 柏まちなかカレッジの仲間たち

【どんぐり地球センター】 自宅公民館化が進む

NOB】 柏で一番カッコイイ空間

【カフェ・マ】 仲間たちの集うサロン

66(ダブルシックス)】 店主の理解と包容力

【共同アトリエPot】 一緒に柏の文化を作りたい

moora moora】 ゆっくり、ゆっくりと

【東葛飾高校】 卒業式のサプライズ

Kuhra-Hair】 こだわりの働き方

iii3】 人間の魂に火をつける

【ハックルベリーブックス】 ふくろうのいる本屋さん

【ネクスファ】 まちカレ的なものの広がり

【エッジハウス】 お陰様サイズの地元を醸し出す会社



第五章 学び・対話から社会課題解決につなげる仕組み

ワールドカフェの限界とフューチャーセンターとの出会い

疾きこと風の如し

理解を得るために苦労

全国初の行政を巻き込んだフューチャーセンター開催

行政への働きかけ

オランダのフューチャーセンターを訪問

オランダのフューチャーセンターについてのレポート

フューチャーセンターへの疑問

ハンク・キューン氏との話

第六章 食でつながる地域社会

食育でつながる

参加したメンバーたち

プロジェクトを通した学び

一体何者なのか 説明責任が生まれる段階に

自分たちの思いを表現する

リーダーを支えるチームメンバー

コミュニティ食堂チームに舞い込んだ事業

地域がつながる



おわりに



資料 講座報告集

1「模擬裁判︙︙裁判員裁判を体験しよう!」

2「交渉体験―法律家の交渉術を体感」

3クリスマス準備企画「アロマキャンドルを作りましょ☆」

4「地図を持って歩こう!」

5対話によるコミュニケーションスキルアップ(東葛リベラルアーツ共催講座)

6「みんなでつくろう!手賀沼今昔物語」

7七夕特別講座「出会いの予感!? TANABATA サルサ☆ナイト」

8「ドシロ〜トJAZZ(第一回〜三回)」

9「手賀沼を知る・遊ぶ〜身近な生物を知ろう」第三回講座

10心身リフレッシュシリーズ第一回、第二回「リンパセラピー」

11「対話空間in柏」

12「グローバルビジネス最前線」

13「無料ではじめるブログ」

14「五名限定。実売一億円の経験を伝授します! 商材集めから始めるネットショップ経営」

15「真剣勝負のサイエンス・カフェ」



 


 


 


 



ukon7 at 18:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!