親子

2009年12月31日

ある美容師の草の根教育活動

大晦日、何となく身だしなみを整えたい気持ちになり、いつもの美容室で髪を切って頂きました。
高校生の頃から15年くらいお世話になっています。

大晦日といえば、家族団らん。
普段は、なかなか家族のコミュニケーションがとれないものです。
そんな現実をふまえて、その美容師さんは親が子の髪を切ることを勧めています。

髪を切ってもらうという具体的な行動が、親子の絆となる。
変な髪形にされたといった失敗談が、後になって親の愛を受けた証拠になるとのことです。
そういえば、私もバリカンを買ってきた父に、虎刈りにされたことがあります。それを見た弟は、自分の番になる前に、祖父母の家に泊まりに行ってしまいました。
結局、私は、その翌日に理容師さんに整えてもらいました。
今となっては、笑える話です。

親が髪を切る。子どものために一生懸命に切る。子は、その愛を受け止める。
次第に、子は親に切られるのを嫌がるようになる。
親離れ・子離れのステップだそうです。
そこで、初めて美容師の役割です。
そんな大人になろうとする子どもの話を聞き、時にはアニキのように、時には親のように、時には先生のように導いていきます。先生や親のタテ関係、友達の水平関係とは違う、ナナメの関係といった位置付けです。
私も、部活動のこと、受験のこと、大学生活のこと、研究にこと、仕事のこと、本当にいろんな話を聞いて頂き、励ましてもらいました。

最近は、美容室に子どもをおいて買い物に行ってしまうような忙しい親が多いそうです。
そういえば、私は祖父と一緒に床屋行っていました。隣で一緒に切ってもらうのです。
この前、祖父から床屋へ連れて行った思い出話を聞き、涙ぐんでしまいました。

髪を切るというのは、定期的なもので、少し時間もかかります。
だからこそ、コミュニケーンのチャンスであり、身だしなみやマナーを伝えるいい機会でもあるのです。

そんな話ができた大晦日の美容室でした。

ukon7 at 22:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年06月16日

宿泊体験レポート

d4e7186a.JPG

6月6日・7日、千葉県立手賀の丘少年自然の家にて、宿泊体験学習を行いました。

昨年の秋から、NPO法人教育支援三アイの会で企画したものが、実現できたことに感謝の念で一杯です。

 

「異質の他者との出会いを通して、生き方を学ぼう」。年齢や生活背景の異なる他者同士が話し合い、参加者それぞれが学びあう。このような思いで、企画してきました。

 

悩みを持つ児童・生徒、子育てに悩む親、若者と高齢者が集まって、自然に囲まれた手賀の丘少年自然の家で寝食をともにしました。参加者は、13名。小学生、高校生、大学生、30代、60代、70代、80代の老若男女。数こそ少ないですが、多様なメンバーでした。

 

話しやすい状況を作るために、プログラムを組みました。

 

出会いの集いでは、二人組みになって話し合い、全体に相手を紹介する他己紹介を行いました。1番手の木内理事長の演劇経験を生かした紹介のおかげで、参加者は恥ずかしがらずに発表できました。腹話術では、声を出して笑い、初対面の緊張を忘れてしまいました。話すことが苦手でも、人形を通してなら話をしやすい。人付き合いに悩む参加者の一人が、コミュニケーションのヒントを見つけたとの感想を聞くことができました。

 

プラネタリウムでは、リラックスし、おおらかな気持ちになれたようです。天体に思いを馳せ、日々のあわただしい生活や悩みを相対化することができたのではと思います。夜の語らいでは、伝言ゲームで盛り上がりました。言葉を伝える難しさを実感しました。

 

その後、車座になって語り合いました。人生経験に裏打ちされた知恵と若いエネルギーや発想を交流させることができました。この結果が、翌日の音楽の時間につながりました。白木氏(木内理事長の教え子で、参加者・水沼氏の友人)の詩「ゆっくり行こうよ」に、大学生の小神野君が曲をつけて、みんなで歌いました。会場が1つになり、涙ぐむ参加者もいました。まさに、この2日間の結晶といえます。

 

予算、参加者や学生スタッフ募集など、苦労した点は多々ありました。作成したチラシを近隣の商店においてもらったり、講演会で紹介したり、友人や市民活動仲間に口コミで広めていただいたり、多くの方々の協力を得ることができました。また、忙しい中、時間を縫って参加していただいたスタッフのおかげで、貴重な二日間になりました。

 

本当に、参加者全員で作り上げた2日間でした。ありがとうございました。



ukon7 at 13:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年10月26日

講演 「やる気を引き出す親の言葉遣い」

957d4742.JPG

 

お陰様で、20081025日、中央公民館で

柏市中央公民館主宰市民自主企画講座 

1回子どもを伸ばすコミュニケーション講座を開催することができました。

 

 

 

参加していただいたみなさま、中央公民館の方々、

私どもの会を応援してくださる方々には

本当に感謝しております。

 

進路選択は、のちのちの人生にも影響を与える人生の重要なものです。

そして、親との関わりなしには考えることができないものでもあります。

 

同じ進路選択をしたとしても、

よく親子で話し合えたかどうかで

人生の満足度は変わってしまいます。

 

今回は、進路情報を知ってもらおうというのではなく、

悔いの残らない進路選択のために、

親子の対話作りの手助けをしたいということが目的でした。

 

参加者の方々は、熱心に受講していただきました。

以下のような、お声を頂いたので、ここに紹介させてもらいます。

 

 

【学んだこと】

 

■話を聞く姿勢、傾聴の技術 (TYさん)

■観察することの大切さ (SOさん)

■プラスイメージの言葉遣い (日高さん)

■ほめるとは、認めること

■うかつにほめる言葉を使うのではなく、その場に合った的確な言葉を使うこと (SOさん)

■指示の仕方(単純な命令形で伝えるとよい)(MSさん)

■失敗したとき、本人が一番傷ついているということ

■学習に役立つ体操

■ピグマリオン効果

■子どもの気持ち・こだわり・価値観のあらわれる会話のポイントにスポットライトをあてて、話を聴くこと

■講座内でペアを組んだ参加者から参考になる話が聴けた (TYさん)

 

 

【講座内容を今後に生かしていきたい】

 

■親子関係をよくしていくためには、親から変わらなければならないと思います。(なかなか急には難しいですが)

■自信のない子に育ててしまったので、これからはマイナスイメージの言葉や人格を否定するような言葉遣いは使わないようにしたい

 

■日常の生活に生かしていきたい

■家庭の夫婦間での会話にも生かしていきたい

■営業先、社外の初対面の人と話す機会が多いので、仕事でも生かしていきたい (日高さん)

■自己啓発になった

■傾聴を心がけていきたい

■自分自身の言葉遣いについてチェックしていきたい (MSさん)

 

 

次回・第2回もよろしくお願いします。

 

20081115日(土)午後2-4

 

 「中高生における進路選択の現状

    ―子ども、教員の視点から」

 

       中央公民館 集会室

 



ukon7 at 15:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年10月09日

柏市市民自主企画講座 開催!

 

市民自主企画講座

 

子どもを伸ばすコミュニケーション講座

 

最近、子どもが何を考えているのか、わからない・・・

◆けっこう、子どもに気を使ってしまう・・・

進路選択の話って、大切だけど難しいよね。

それに、この話題になると、子どももピリピリしているし・・・

 

と き 1025()1115()1213()《全3回》

     午後2時から4時

ところ 柏市中央公民館

 

対 象 市内在住・在勤のかた 50人(申込み多数の場合抽選)

     特に、中高生の子どもの保護者のかた

内 容 進路選択を控えた中学生や高校生とのコミュニケーション

子どもとの関係を通した親の成長を考えます。

費 用 なし

申 込 1014日(火)までに往復はがきに「子どもを伸ばすコミュニケーション講座

希望」と明記,住所・氏名・電話番号と返信面のあて名を書いて郵送で(必着)

あて先  〒277-0005 柏市柏5丁目8-12  柏市中央公民館

問い合わせ   7164-1811

 

 

第 1 回  1025()

やる気を引き出す親の言葉遣い−進路選択に対し繊細な中高生との会話

(内容)

自分が使っている言葉を振り返り、「やる気を引き出す言葉遣い」を学ぶ。

観察や話の聴き方についても練習する。

 

第 2 回   1115()

中高生における進路選択の現状−子ども、教員の視点から

(内容)

大学生による高校時代の進路選択、教師から見た中高生の考え方などの実体験の講話とアンケート調査の結果等のコメントを紹介。

 

第 3 回  1213()

子どもに自信を持たせる接し方−進路選択における自信の役割

(内容)

ワークシートを用いて、経験や環境、個人的要因などを整理。参加者である親の自信についても話し合い、子どもとのコミュニケーションに生かしていくコツを学ぶ。

 

 

講師 

 

山本 隆太郎

神奈川県私立高校教諭

早稲田大学大学院文学研究科後期博士課程在籍。

 

小原 雅朗

 トライアスロン部

 早稲田大学社会科学学部在籍

 

山下 洋輔

 緑葉教育研究会代表

 早稲田大学大学院教育学研究科後期博士課程在籍

 

 

日常の会話を通して、さりげなく応援!

 

子どもが成長する舞台演出を一緒に考えましょう。



ukon7 at 22:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年07月12日

新聞に載りました


『東葛まいにち』http://www.bunya.ne.jp/ 2008年7月9日(VOL.563)に
活動を取り上げていただきました。
(犯罪などではないので、安心してください。)

代表の私ばっかり載っていますが、
これも、一緒に活動を支えてくれる仲間、
いつも応援してくれる方々のおかげです。
本当に感謝しています。

この緑葉教育研究会は、
教員などの教育関係者、研究者、大学の仲間、
山下の教え子、偶然に加わった方たちで
教育について語り合い、その成果を
柏市の市民活動として発表をしてきました。

いつも遠くから参加してくれる方、
快く講演会の案内などをしてくださった機関やお店、
私たちに助言をくださった先輩方、
同じように柏で活動されている市民団体の方々、
応援してくださった方々を
数え上げればきりがありません。
 
お礼もかねて、報告です。

『東葛まいにち』は、
私たちの地域で13万部配られているそうです。
ホームページにも記事が載っていましたので、
紹介させてもらいます。

【松戸・柏】
■悩む親子をサポート「緑葉教育研究会」
http://www.bunya.ne.jp/ より引用

子供や学校との関係で悩む親のサポートを行っていきたいと2007年3月に設立した「緑葉教育研究会」(山下洋輔代表・教育コンサルタント)は、教員や大学生が教育を語り合い、その成果を柏市中央公民館などで発表している。

同会の山下代表は元高校教諭。現役時代、「子供の考えがわからない」という保護者の声や「親に申し訳ない」「親に言いづらい」といった生徒の声を聴き、ホームルームや保護者会で親子のコミュニケーションを学ぶ機会を設定、親と子の考えを引き合わせることを実践してきた。

山下代表は「社会に役に立つ仕事をしたい」という学生時代からの思いから、教育現場での経験を活動に活かし、教育コンサルタントとして「背景の違う人同士のコミュニケーションを通じて、人間関係の改善に取組んでいきたい」としている。 

このほど開催した「かしわ市民活動フェスタ2008」(対話と傾聴の会かしわ主催)では山下代表を講師に「やる気を引き出す話の聴き方」をテーマにした講演会が開かれた。会場には10代から会社勤めの男性や経営者といった多種多様な人らが参加。
山下さんは「相手の良心に働きかけ、自ら行動できるよう手を差し伸べることを心掛ける」と話し、他人を理解するには、相手に対し
^情が前提
△△蠅里泙泙鮗け入れる(自分の判断を下さない)
A蠎蠅悗隆愎瓦鮗┐后米唄兇任呂覆、共感)
け海鮠なく、誠実に
ゼ遡笋蝋気┐瓩
という、相手の本音を聴くための5つの心構えを強調した。

教師時代に、部活動の監督など経験者から学んだ教育学の理論を、具体的事例を交え分りやすく説明。最後に、大切であり、そして難しいのは「信じ、待つことです」と山下さんは熱く語った。



ukon7 at 12:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年05月11日

ありがとうございました!!!

今日は、柏市民フェスタ2008でした。

昨日、降り続いた雨もあがり
本当によかったです。
スタッフの方々は準備から、お天気の心配から
本当に大変だったと察します。

特に、
講演を主催してくださった「対話と傾聴の会かしわ」の方々、
フェスタを管轄された柏市市民活動センターの方々、
そして講演に参加してくださった方々には
感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございました。

「聴く」ということに興味のある参加者が多かったおかげで、
気持ちよく話すことができました。

「やる気を引出す話の聴き方」 について講演しました。

親が子に、上司が部下に、教師が生徒に、
うまく伝えるにはどうすればよいか?

自分のおかれている家庭、職場などの人間関係と
照らし合わせて考えていらっしゃる様子を見て取ることができ、
講師冥利につきるとはこのことかと実感しました。

心がふれあう人間関係づくりを推進し、
あらゆる世代の人たちが安心して暮らせる
地域づくりを行う、という
「対話と傾聴の会かしわ」の方々の思いに
私自身賛同しております。
少しでもお役に立てればと幸いです。



ukon7 at 21:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年04月18日

子どもを伸ばす言葉遣い

子どもを伸ばす言葉遣い

 

2008324日(340分〜510分)、325日(210分〜340分)に椎名カルチャービル705号教室にて、「親のための塾」無料体験講座を開催しました。

 その日は、「子どもを伸ばす言葉遣い」について学び、参加者同士で練習しました。

 以下、お役に立てればと思い、内容を簡単にまとめました。

 

機/討日常に使っている言葉を振り返ってみる

 擺靄棔曄,△い気帖∪気靴・丁寧な日本語、敬語などを使っていますか?

 ⇒子どもは、周囲の大人の話し方や行動をよく見ています。

特に、一緒に暮らす親からは、影響を受けるものです。

 

▲泪ぅ淵好ぅ瓠璽犬慮斥媚箸い鬚靴討い泙擦鵑?

 ⇒「どうして〜くらいできないの?」「〜したらダメでしょ?」
  「何度言ったらわかるの?」

  このような言葉を与え続けられると、感情的に拒絶し、子どもは言う事を聞かなくなります。

  さらには、マイナス思考になり、「できない」と思い込んでしまいます。

 

子どもの人格を否定するような言葉使いをしていませんか?

 ⇒ダメ、頭が悪い、だらしない、のろま、ぐず、ずるい、頼りない、気が小さい、・・・

  特に、兄弟姉妹や友人との比較は、子どもを傷つけることになります。

 

供〇劼匹發箸離灰潺絅縫院璽轡腑鵑悗猟鶲


“獣任鮃気┐

 ⇒事実を伝えるよう心がけましょう。あるいは、単純な命令形で表現しましょう。

 

▲廛薀好ぅ瓠璽犬慮斥佞鮖箸

 ⇒「〜してくれたら助かる・嬉しい」「〜ならできるよ」「〜だとすごい・素敵・気持ちがいいよね」

 

子どもの可能性を信じる(ピグマリオン効果=期待により、子どもの能力がその方向に変化する現象)

 ⇒「この子は、よくできる」と信じて接していれば、「よくできる」人間に育つという理論があります。逆に、「この子は、できない」と思って接していれば、「できない」人間に育ってしまいます。

 


掘〇劼匹發鮨ばす褒め方について


|躇嫖澄疔めることで子どもを操ろうと考えは、察知されたときに大きく反発されます。


∨めるためには、何よりも観察が大切!


Kめるポイント

 ・具体的に(こと) ・抽象的に(人格) ・すぐに ・折に触れ ・理由をつけて ・理由なしに

 ・感謝の言葉で ・第三者の言葉で ・子どものこだわりに着目して・意外性をもって



ukon7 at 01:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年03月28日

参加者の声

320日に行われた講演会は、お蔭様で充実した会となりました。

 

本当にありがとうございました。

 

参加者していただいた方々の感想などを紹介いたします。

 

 

人の話を聴く姿勢はとても大切だと実感しました。講演会の内容も、今までの自分を反省することが多く、参考になりました。講演の中で行われたロールプレイでお話しした方が、小学校教諭で先生の立場からの話を聞け、参加者の方からも学ぶことが出来ました。

 今まで、子どもを質問責めにしていたことに気づきました。自分では心配で質問しているつもりでしたが、今後は控えめにし、質問するにしても聞き方を変えていこうと思いました。当たり前と思っていたことが、自分では出来ていなかったと反省しました。

 先生の話の内容はとても勉強になりました。ありがとうございました。また、機会があれば、いろいろな話を聞けたらと思います。

..さん(40代女性)

 

人の話を聴く大切さを学べました。感情に負けないで、今日した決意を続けていけるよう頑張りたいです。こんなに楽しく聞ける講演会とは思っていませんでした。今日はありがとうございました。また機会がありましたら、よろしくお願いします。

..さん(40代女性)

 

叱ることについて、もっと大きな視点から見ることができまた。聴く練習などコミュニケーションのとり方について参考になりました。子どもとの会話で、もっと聴いてあげることに重きを置いてあげようと思います。久しぶりに学生時代の講義を思い出す勉強をさせて頂きました。ありがとうございました。

40代女性)

 

聴くことの大切さ、叱り方の難しさがよくわかりました。もっと子どもが小さい時期にこの講座を受けておきたかったです。バランスをもって生活する大切さを学びました。傾聴ボランティアの活動に活用していきたいです。若者が日本の将来を決めることになります。子どもの教育とその親の教育に、これからも期待しています。

山川紘さん(60代男性)

 

話しの聴き方、まとめ方、感想の伝え方などが、わかりました。子ども、また、家族や友人との間で活かしたいです。今日は、本当にありがとうございました。ためになりました。また、お話を聞かせてください。

50代男性)

 

質問で会話を成り立たせている癖があるので、質問は控えめにしていきたいです。「叱る」がコミュニケーション技法の中でハイリスク・ハイリターンであることがわかりました。これは、子どもとおとなの関係のみの問題ではなく、人間関係全般に言えると思います。教育において、理想像をもつことです。目標を持つことは大切で、そして柔軟性も大切だと思います。小学校低学年から聴く姿勢の教育をしています。それは大切なことだと改めて感じました。今日は、ありがとうございました。

..さん(20代女性)

 

聴き方の練習で、相手の方から、うなづきをもっと大げさにしても良いのではと言われたのが参考になりました。

..さん(50代女性)

 

今まで何となく理解していたところを、図などでまとめて頂けたのでよかった。塾で教えている子どもとのコミュニケーションに活かしたい。

HSさん(20代男性)

 

「観る」「聴く」「伝える」というくくりでコミュニケーション技法を分類して教えてもらい、「なるほど」と思いました。聴く姿勢を重点的に練習できてよかったです。視点が広がりました。世代の違う方と話す機会が持ててよかったです。コミュニケーションの基本を教わったので、どんな機会でも使っていけます。また、講演などがありましたら伺います。楽しかったです。

渡辺徹志.さん(20代男性)

 

叱ることは「土台」あってこそ効果があるということ。行動を変えると最初は違和感があるが、それでも続けること。相手の話だけでなく、相手のありのままを受け入れることが大事ということ。これらを、今後、人の話を聴くときに実践したいです。

..さん(30代男性)

 

聴くことの重要性、聴くときの心構え(特に、判断を下さない)を学べた。ジェスチャー、相づち等、聴き方のテクニックを再確認できた。子どもーおとな間だけでなく、夫婦間や会社でのコミュニケーションに活かしたい。ためになる催しでした。

日高善仁さん(20代男性)

 

うなづき、相づちなど、「ちゃんと聴いてるよ」とメッセージを送る聴く姿勢はためになりました。仲良い夫婦は似ているという具体例にあったように、無意識の動作を真似るなど興味深かったです。すべての人との会話に活用できることですので、日常的に意識して使ってみたいです。興味深く聴け、あっという間に時間が過ぎました。

教わった内容を、すぐにその場で実践練習をして、確認できるのはわかりやすくてよかったです。

..さん(20代男性)

 

人の話を聴くテクニックを学べました。若い人たちのお話が聞け嬉しいです。これからの子どもたちのために今後の活動を期待しています。応援しています。今日は楽しかったです。ありがとうございました。

..さん(50代女性)

 

子どもにやる気を起こさせる話しの聴き方、怒るのではなく叱る、聴き方のテクニックを学べました。世代を超えた方々との会話で使っていきたいです。今の活動に、今日学んだことを活かして生きたいと思います。また、お話をきかせてください。

..さん(女性)

 

学習の段階を、知識・感情・性格に分けて図示してもらったのがわかりやすかったです。家庭・仕事・余暇・学習の相乗効果の話は面白いですね。「自分で気づく」という点を仕事に活かして生きたいです。

..さん(20代女性)

 

目標を設定してそれにあった方法を見つける重要性、仕事・家庭・趣味を総合的にバランスをとることの大切さ、子どもを成長させるものは「夢」であるという認識を学ぶことが出来ました。お年寄りとのボランティア活動に活かしていきます。我々も傾聴を学んでいます。内容が近く、親しみを感じます。ご活躍をお祈りします。

HSさん(60代男性)

 

叱ることへの効果、聴き方のスキルを学ぶことが出来ました。直接、子どもと接する身となり、しっかりと勉強させていただきました。教育現場で接する子どもたちのため、家族のために活かしていきます。本日は、ありがとうございました。

..さん(20代男性)

 

講義のポイントを図で示したり、実践練習を入れるなどわかりやすく説明してもらえた。「心構え」は、基本的だが、長い付き合いでは忘れがちなこと。あらためて箇条書きにしてもらい、ためになりました。

MSさん(20代男性)

 

 

山下先生みたいな熱い考えの持ち主と我が子が接点を持つと何か変われるような気がしました。

 



ukon7 at 09:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年09月23日

講演会参加者の声

2007年09月08日に開催された緑葉学舎教育講演会「子どもとおとなのコミュニケーション」は、おかげさまで、充実した会になりました。

本当にありがとうございました。

 

アンケートや講演会後に頂きました参加者の声を可能な範囲で紹介いたします。

 

 

「相手を変えようとせず、自ら成長するよう心がけたいです。」(TYさん 30代 男性)

 

「自らの子育てのみならず、職場での後進指導にも活用していきたいです。」(日高善仁さん 20代)

 

「今いる施設での子どもとのやり取りの中に、受け入れる姿勢や共に成長していくという姿勢を示し、伝えようと思います。

楽しいいお話を聞かせていただき、ありがとうございます。
また、参加させていただきたいです。」(須見崇さん 20代)

 

「現場体験に基づく有益なお話は勉強になりましたし、私自身の身辺での出来事に照らしてみて思い当たる事などもあり、『ああ、そうか』と講演内容を反芻しながら帰路につきました。
このような講演会が、教育(人が成長してゆくこと)に関心・興味を持ち、なんらかの実践を行っている人々の話し合う場になれば、それは素晴らしいことだと思います。」(TSさん 40代 男性 )

 

「ハッとする言葉があった。」

 

「現在の活動、今後の方向性が素晴らしいので今後も応援していきたいです。」

 

「若い方々の熱心なエネルギーが気持ちよかったです。
ありがとうございました。」

 

学ぶことができた内容として、以下のようなお声を頂きました。

「子どもとともに成長していくという心構えを学びました。」
「たとえば、遠慮や気遣いといった近年の中高生の現状をしることができました。」
「小原家の方針、親の助言は、参考になりました。」

「親と子の思いが違うところでどう理解しあうのか?
→違いは違いとして受け止め、お互いが成長していく姿勢が大切であるとわかりました。」

「現場のお話を聞くことができ、今の子どもの様子・雰囲気がわかりました。」
「いろいろな形の親子間のコミュニケーションがあることがわかりました。」
「親も成長するという部分になるほどと思いました。」

「教育現場をよく知っている方々のお話で、具体的な例もあり、面白かったです。
仲間内でのコミュニケーション力はあるということ、書き言葉が苦手ということ、間違いを過度に恐れているということなど、今日の中高生に見られる傾向を知ることができました。」
「80年代以降、家庭が大切という人が増加しているということを知り、意外であった。」

「近年の中高生の話」
「tryするのを嫌がるということは、若者に限ったことではない。」
「小原さんは、『流れる』のではなく、自ら考えて行動していて、しっかりしているなと思いました。」
「相手のためにというのが、実は、自分のためだったりするという指摘」

「親自身の自己評価の高さ・低さが、子どもの心に影響するということ」
「コミュニケーション力だけでなく、孤独でいられる大切さも必要であると思う。」

 

 

参加してくださった方々の真摯で、前向きなエネルギーを感じることができました。

これからの活動の活力にし、よりいっそう励みたいと思う所存です。

今後とも、よろしくお願いいたします。




ukon7 at 11:04|PermalinkComments(0)TrackBack(1)clip!