観察

2008年06月18日

教員として身につけたこと 

教員として身につけたこと

 

3月まで学生だった人間が、4月から先生と呼ばれます。

3年生の担任だった私は

5月には保護者会があり、

6月くらいにはクラスの生徒の内申書を書き上げています。

未経験の競技の部活動を持ち、

5月には関東大会予選の監督として出場です。

授業、学級経営、部活、職場の状況など分からないままです。

とにかく必死でした。

 

そこで身につけざるを得なかったことを紹介します。

人間的内容、2 教育哲学、3伝え方、4観察

プロデュース、6ファシリテーション

 

以上、6項目です。

これは他の職業にも、共通することがわかってきました。



ukon7 at 11:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

教員として身につけたこと4

4 観察

 

相手に何を伝えればいいかを考えなければいけません。

そのために必要なのが、観察です。

平素から生徒に目を配るなど、けっこう地道な努力も必要です。

 

10分くらいの朝の会でクラス45人くらいをチェックします。

寮の点呼でも、3分くらいで寮生の様子を把握します。

限られた時間で表情などから、観察する眼を鍛えられました。

 

部活動では、観察することが監督の役目と考えていました。

毎日練習を観察することで、関東大会にも出場し、

サインを出さない監督として注目を浴びました。

 

観察することで、安心感と緊張感を与えることができる

というのが私の持論です。



ukon7 at 11:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!