食のフューチャーセンター

2014年01月28日

千葉大園芸学部の授業でお話いたしました。

千葉大学園芸学部でお話ししました。西山未真先生の農村社会学(第13回食と農を結ぶ現場から)という授業のゲストスピーカーとして、柏まちなかカレッジや食のフューチャーセンター、市議会議員の活動について聴いて頂きました。
食のフューチャーセンターの仲間である二瓶陽子さんからは、主婦や母親の生活者目線から、食の取り組みを紹介され、学生さんたちの心をつかんでいました。感想を呼んでいると、あらためて、食べるもの・食べることの大切さを実感した学生さんが多かったようです。
DSCN1596
お話しさせて頂いたことで、教員、研究者、教育コンサルタント、まちなかカレッジ、市議と、現在の活動に至るまでの道筋を私自身も確認できました。講義後、びっしりと書き
込まれたそれぞれの学生さんからの感想を頂き、嬉しかったです。
農村社会学では、農村社会の概念整理、歴史的変遷、都市との関係の変化などを理解しながら、社会経済条件の変化に伴って変化する都市も農村も含めた地域社会とそこでの人々の生き方を考える。グローバリゼーション下における農村社会の位置づけとこれからの社会の発展の道筋について考える際の、手がかりとなる理論と実際について講義するというものでした。
教室内での講義では得られない現場とのつながりを提供することが、今回の講義での私たちの使命と考えています。授業を離れて、SNSなどを活用して交流したり、食のフューチャーセンターや柏まちなかカレッジに参加してもらったり、フィールドを提供できれば思いお話ししました。食のフューチャーセンターは、経験によって学ぶプロジェクト・ベースド・ラーニングでもあります。
DSCN1597
食のフューチャーセンターの活動で今村さん・細渕さんと出会い、昨年に今村さん・細渕さんの畑で柏まちなかカレッジをでCSAを学ぶ講座が開催され、そこで西山先生をご紹介頂き、大学の授業の機会を頂きました。出会いに感謝です。
驚いたことに、剣道部の後輩の松島さんと再会しました。現在、千葉大で教えており、今日の授業を聴いて頂きました。
DSCN1602



ukon7 at 08:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年11月25日

食のフューチャーセンター柏-理念

「食のフューチャーセンター柏」は、誰もが関わりを持っている「食」をキーワードに、みんなの力とアイデアを引き出し、柏の未来を描き、実現させていく場・プラットフォームです。
フューチャーセンターとは、環境問題や高齢化といった、大きく複雑な問題に対して、社会の叡智を集め、当事者を巻き込んで解決していく仕組みです。本会は、柏まちなかカレッジにより開催されてきたフューチャーセンターから発展し、独立し、広がってきたものです。

 社会課題に対し、「食」をきっかけとして、立場を越えた多様な人たちが集まり、力を合わせて、地域・未来に働きかけていきます。人と人、人と社会、人と自然、過去と未来、組織間、世代間。あらゆる「つながり」が分断されていく現状です。私たちは、活動を通して、「つながり」ある地域社会をデザインしていきます。今、コミュニティカフェ・プロジェクトと「食」を中心とした教育プロジェクトが動き始めています。人がつながり、体験し、学び、育ち合えるような地域社会を目指しています。 http://food-fck.blogspot.jp/p/about.html

110_original
【目的】より良い社会を築くため。

,弔覆りを生み出す社会

多様な価値観、多様な社会

みんなでより良い社会を作る仕組み

人と人、人と社会、人と自然、過去と未来、組織、世代、離れてしまった様々な要素をつなげていきたい。食を通して、未来に、地域に働きかけたい。そんな思いから、柏まちなかカレッジで、「食でつながる社会」をテーマにしたフューチャーセンターを始めました。

◆どのような役割を食のフューチャーセンターは果たすか?

→縦割りの打破、イノベーション、マッチング、地域を支える市民、社会参画、インクルーシブ、多様な社会を実現、リテラシーを高める

29_original

【ターゲットについて】従来のマーケティングの手法に従わず、絞り込んで考えず、私たちが目指す社会のビジョンに従って活動を進めていく。柏から世界へ。食を通して、つながりを生み出し、垣根を外していく。
ターゲットは、それぞれのプロジェクトごとで、絞り込んでいく。(たとえば、オープンカフェは、柏で美容に関心がある女性とひとり暮らしで栄養のバランスの悪い独身男性。コミュニティ食堂は、リタイアした高齢者と子育て中のお母さん。)明確なターゲットを定めて、「つながり」を生み出していく必要はあると考えている。


【なぜ、「食」か?】 誰もが関わりがあり、幅広く奥深いから。人は毎日、食べます。家庭で食事の用意をする親、美食家、飲食店、商店街、小売店、流通業、生産者、環境、廃棄物、健康、教育、などなど、「食」を入り口に社会について考えられるからです。
 

IMG_1599
【つながり】

人と人、人と社会、人と自然、過去と未来、組織間、世代間、離れてしまった様々な要素が、幾重にも絡み合うような「つながり」のある社会は、豊かであると考えています。

社会がうまく運営されるかどうかは、生活者が互いに、良い関係を作っているかに、かかってくる。地域でのつながりは、「ソーシャルキャピタル(社会関係資本)」として、世界的に注目を集め、評価されるようになってきました。

◆「つながりなんてなくてもいいのでは?」

技術が進化したお陰もあり、一人でも十分に生きていける。震災などの影響もあり、絆が大切だと再確認されました。しかし、そうは言っても、お金があれば、何とかなるものだと考える人も多いです。

何もお金を否定しているわけではありません。生きていくうえで、大切なものです。ただ、お金の便利さに頼り切り、使っているはずのお金に使われていないでしょうか。そもそものお金の使い方を考えてみることで、社会を変える、一つのきっかけを投げかけようではありませんか。

 お金の動きを追う中で、一人で生きているように見えて、多くのものに支えられています。

食べ物・農業・流通・飲食・ライフスタイルなどを含めた食から、 感謝や人と人とのつながりを実感できるようなムーブメントが起こせないでしょうか。

IMG_4963

【みんなでより良い社会を作る仕組み】

「話合いをしたって、何も変わらない」、「そんなことは、今までに何度もやってきた」、「フューチャーセンターって、海外ではうまくいったかもしれないが、ここは日本だから、そんな簡単ではない」

世の中では、そんな声を耳にします。しかし、柏の食に関わる方々が一同に集うことで、話は進んでいきます。私たち運営チームも、事前に設計したプログラムに従い、当日もメンバーの対話を深めていけるようファシリテートし、プロジェクトが続くようマネジメントしています。参加し、体感してみると、できるという実感がわいてきます。この実感を繰り返す中で、諦めるのではなく、社会に働きかけていこうと動く人が増えてほしいです。

閉塞した社会では、何をやっても無力さを感じるかもしれません。しかし、小さな力でも、無力ではありません。同じ思いを持つ人が集まれば、社会を変えられます。そんな希望が連鎖し、本当に社会を変えていく。思いを発信する場、思いがつながっていく場を、創造していきたいと考えています。



ukon7 at 11:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年07月21日

フューチャーセンターと知的資産経営

食のフューチャーセンター柏で、「食を通して、つながりある地域社会」を目指した活動を、昨年の6月から続けています。写真は、今日(2013/7/21@NOB)のミーティング風景。

フューチャーセンターとは、環境問題や高齢化といった、大きく複雑な問題に対して、社会の叡智を集め、当事者を巻き込んで解決していく仕組みです。本会は、柏まちなかカレッジにより開催されてきたフューチャーセンターから発展し、広がってきたものです。
社会課題に対し、「食」をきっかけとして、立場を越えた多様な人たちが集まり、力を合わせて、地域・未来に働きかけていきます。
食のフューチャーセンター柏 http://food-fck.blogspot.jp/

2013年6月、食のフューチャーセンター柏を立ち上げ、半年くらいすると、身近な仲間内では心と心で通じ合って広まっていきました。しかし、言葉で論理立てて表現し、第三者に伝えていくことが、課題になっていました。
「つながり」や「感謝」など目には見えない価値を説明する言葉が不足していました。そんな時に出会ったのが、新メンバーの小峯さんと「知的資産経営」の考えでした。

「『知的資産』とは特許やブランド、 ノウハウなどの「知的財産」と同義ではなく、それらを一部に含み、さらに組織力、人材、技術、経営理念、顧客等とのネットワークなど、 財務諸表には表れてこない目に見えにくい経営資源の総称を指します。「知的資産」は企業の本当の価値・強みであり、企業競争力の源泉です。企業経営・活動は、知的資産の活用なしには成り立たないものなのです。」
※経済産業省近畿経済産業局より http://www.kansai.meti.go.jp/2giki/network/vbnet_ic.html
小峯さんは、知的資産を活用して中小企業の経営を支援するのがお仕事です。そこでのご経験を食のフューチャーセンターに活かして下さりました。
フューチャーセンターと知的資産経営は兄弟のようなものです。もともと、このフューチャーセンターという言葉は、知識経営(Knowledge Management)で有名なスウェーデンのレイフ・エドビンソン教授が使い始めました。小国の発展には、資本や資源ではなく、知識やアイデア、人材の質を評価しPRしていく必要があると考え、「知的資本の定量化」の測定方法を研究し、知的資本の測定・発信を行うようになったそうです。私は、梅棹忠夫さんの本を愛読していたこともあり、フューチャーセンターの考えに共鳴し、研究と実践に取り組み始めたのです。

CIMG3180

330

写真 オランダのフューチャーセンターLEF視察
最近、フューチャーセンターのワークショップ的な面が注目されていますが、未来の知的資産を生み出す仕組みでもあります。
私たち食のフューチャーセンター柏は、知的資産である人的資産や関係資産が、組織を越えて集まって構成され、構造資産を生み出しています。知的資産経営の視点から、この見えなかった知的資産を可視化することができます。


今日、小峯さんから知的資産経営について説明頂きました。人とのつながりや技能•経験など、数字には表現できない強みを評価するためのコミュニケーションツールである知的資産経営報告書を作り、私たちの活動を説明できるようになりたいと考えています。



ukon7 at 22:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年03月16日

市民の手によるフューチャーセンターを-Hank氏から託された思い

昨年(2012年)4月に私たちはアムステルダムを訪問し、Hank Kune氏から、社会課題への取り組み方やフューチャーセンターの取組について意見交換させて頂きました。
Mr. Hank Kuneは、Educore代表(innovation and enterprise)で、Future Center Alliance founding partnerとして、世界のフューチャーセンターをネットワーク化し、相互作用を目指しています。
市民参加の社会づくりを構想されています。以前は、教材の開発にも携わっていました。

「市民の手によるフューチャーセンターを実現してほしい。
欧州ではできなかったが、ぜひ、日本の動きに期待している。」
Hankさんから、このような思いを託され、帰国後、「市民の手によるフューチャーセンター」実現に向け、取り組んだのです。
それが、「食のフューチャーセンター柏」です。
http://food-fck.blogspot.jp/
ここでは、単なるワークショップに終わらせず、アウトプットと事業の継続性にこだわっています。地域密着で、課題の当事者を巻き込むよう働きかけました。

私は、この(2013年)2月に、アムステルダムにて、Mr. Hank Kuneに柏でのフューチャーセンターの取組みを報告し、ご助言を頂きました。
私たちの活動は、プロジェクトを通した学びがあり、Educationalだと評価いただきました。
特に、食育チームリーダー二瓶さんが提唱されたフード・リテラシーという考えを絶賛されていました。

ドイツのOsnabruckという小さな町に「農のフューチャーセンター」が今度の4月にできるそうです。農業ロボットなどに取り組まれているそうですが、大前提は似ているので、つないでいただけるとのこと。

もし、日本に来る機会があったら、柏にもよって"Food"と"Education"をテーマとしたワークショップをやってあげるよ、と言っDSCN0796てくださいました。心強いです。



ukon7 at 01:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!